新潟弁講座 その2

DSC_0437.jpg
火曜日 まだ肌寒い朝7時頃 自宅を出て 新潟に行ってきました
実家の片付けは ちょこちょこやっていたのですが 売却するにしても取り壊すにしても 家具類は全部搬出しなければならないので 廃棄物処分業者を頼みました

誰も住んでいない実家は もう実家ではなく いつも近所に住む叔父宅に寄るのですが 片付けに来たというと 
叔母が「ここんとこ 日中は ばーか あっちぇあんだて~ しゃっこいがんでも飲んでいかんか」
通訳しますと「このところ 日中は とっても 暑いのよ 冷たいものでも飲んでいきなさいよ」
『ばーか』というのは 『馬鹿』ではなく 『とても』とか『非常に』という意味で 「ばーか ごうぎな結婚式だった」とか 「ばーか ごうぎ雨が降って」というような使い方をします



IMG_7492.jpg
実家裏は 小さいながらも田んぼがあって 風通しはいいし 春はカエルの鳴き声がうるさいくらい
菩提寺も見える近さで お墓もここにあります

感傷に浸る間もなく 業者が来て搬出を始めると 近所の人たちが来るわ来るわ
これもらっていってもいいか?あれも持って行っていいか?と聞くので なんでも持って行っていいよ~というと 包丁立てごと包丁を持っていく人がいたり 鍋や電気ポット カーペットや座布団 テーブルからはしごから あげく爪切りまで ご近所の人たちの手に渡って うれしかったけど 業者が戸惑って 結局夕方までかかってしまいました

さらに 母が残した和服で 訪問着などは 母が高齢者住宅に入る前に 形見分けのように ほとんど差し上げていたのですが それでもまだ 着物や羽織が70~80枚もあって ゴミにしてしまうのも忍びなく きらちろママの自宅に送ろうと段ボールに詰めていたものまで 業者に持っていかれるというアクシデントがあり すぐに電話して引き返してもらいました
大島紬らしきものが あったのよ

ご近所の人たちは きらちろママが帰ろうをしていると 「今 畑で採ってきたナスときゅうり 持っていかんか」と持ってきてくださったり 「寄ってお茶でものんでいかんか」と迎えに来てくださったりしたのですが 「また今度来た時に 寄らせてもらいます」というと 「なじょーも そうしてくだっさい」と 手を取ってお別れするくらい 情が厚く また帰って来ようと思わせてくれる故郷でした





IMG_7317.jpg
この日は 帰宅したのが夜10時半過ぎになって 長時間留守にするになることもわかっていたし 猫部屋は老猫ばかりで 一度にたくさん食べられなくなってきているので ご飯はいつも置いておきます
みー婆ちゃん「どっちのフード食べようかな~」


IMG_7319.jpg
みー婆ちゃん「お水 飲もうっと」
みー婆ちゃんは 食欲もあって カリカリもちょこちょこよく食べるんですよ


IMG_7332.jpg
ただ置き餌の弊害が ここに…


IMG_7509.jpg
とらっち 悪いことをした自覚があるときは 爪とぎの後ろで爪を研ぎます


IMG_7507.jpg
と~ら~ 猫部屋のご飯を食べたり トイレを使うと怒られるのでわかっているんですが


IMG_7508.jpg
とらっち「ボクは なにもしていませんにゃ」
新潟弁で言うと おごっだんだて~


IMG_7527.jpg
新潟弁の第二弾はないかな…と思っていたけど 思い出してよかった
でも これで いっちょさけもーした
童話や民話の最後は『めでたしめでたし』で〆ることがありますが この言葉も 『はい これでおしまい』というニュアンスでしょうか





スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

温かくて素敵な故郷ですね。
羨ましいです^^
新潟弁講座♪
いっちょさけもーした。
味がありますよね、いいなぁ(*^_^*)

おごっだんだで~
とらっち可愛い(笑)
フード選ぶみーお婆ちゃんも可愛いです♡



No title

きらちろママおねえちゃん、ばかごーぎ大変だったのにゃあ!
ばかとごうぎ、ふたぁつ「とても」付、雰囲気すごぉくよく分かるにゃあ!
とらっちちゃん、とりあえず怒られなくていっちょさけもーしたにゃあ!

No title

お!新潟弁第二弾(^^)v
方言って、なんかやっぱり温かくて良いですよね〜♪
最初の方は雰囲気でわかったけど、
「いっちょさけもーした」は、
さすがにわかりませんね(^_^;

No title

ご実家の整理お疲れ様でした!
お着物戻って良かったですね!
ご近所さんの温かさ素敵ですね♪
生前のお母様のお付き合いが偲ばれますね♪

とらっち、ふふふ( *´艸)
かわいいと許してしまいます♪

新潟弁講座続いて良かった😊
温かな言葉ですね♪

No title

わーい、お国言葉第二弾うれし〜^^
やっぱり方言というのは体温が伝わってきますねえ。
ごうぎな、は豪儀な?ばーかと合わさるととにかく凄いという意味なのでしょうね〜

美しい景色に、素朴で温かい人々・・・
ご実家がなくなってしまうのは本当に寂しいけれど
きらちろママさんの中ではずっとこのまま
優しい思い出として息づいていくのですね。

とらっちはまだまだ食べたい盛りなんですね〜
運動量も多いから、ま、いいか??

ともあれ、いろいろお疲れ様でした。

新潟弁講座面白いです。
なんかわかりそうでわからない(^^;
御近所の人たちが
いろいろ持って行ってくれて
人情厚いのはいいですね!
大島紬持っていかれそうなのは
危なかったですね。
とらっちちゃん、わかりやすい(^-^)
でもしらばっくれるのが
可愛いですね。

No title

きっとこういう場面で生で聞く方言は優しくて温かい感じがしそうですね!
お母様はいなくなってしまっても、やっぱり故郷っていいですね(^^)

No title

出ましたその2!待ってました~~♪
全然わからなかった。(笑)
その3もやってほしいな。(#^.^#)
埼玉の方言はあまりおもしろくないからなー。
そうだんべ、とか、そうなん?とか。何言っているかはわかっちゃうものね。
とらっち、反応が面白いですね。後ろめたい気持ちってやっぱりあるのね。ふふふ。
みーちゃん、元気そうでよかった!!
とらももうすぐ15歳。
元気なシニア猫さんの話は、本当に嬉しいです。

No title

お片付け、お疲れ様でした。
ご親族の方もそうですが、ご近所の方も、
とっても親切で情に厚くて、素敵ですね(*^^*)
ご実家やお母様の思い出の品々が、
ご近所に受け継がれて行ったんですね~。
サクっと処分も良いですが、もらってくださる方がいるって、
嬉しいですよね(*^^*)
業者さんは、さぞ困惑の事態だったかと思いますが(^^;
新潟弁講座、第二弾も楽しかったです♪
土地土地の言葉って、面白いですよね。
同じ新潟でも、場所によって変わるでしょう?
それがまた面白かったりしますよね(^-^)
暑い日も多かったけど、急に涼しくなったりして、
気温差が激しかったりもしたので、みー婆ちゃんたちも
元気そうなので良かったです(*´ω`*)
年齢が上がってくると、食欲の有無が一層大事に
なりますもんね。
とらっちちゃん、笑いを提供してるのよね?(*≧m≦*)ププッ

No title

いいいとこだわぁ~
ホントに帰りたくなる故郷そのものですわ。
私が叔母の家を片付けている状況とにておりますが
違うのは、やっぱり、ご近所様ですね。
きらちろままさんのご実家のように賑やかな楽しい雰囲気は一切ありませんもの。
ただ、淡々と淡々と、です。

第二弾!^^まってました!
なかなか強敵だわ、今回の方言は。。
通訳がないと、こまるぅ~^^;

とらっちちゃんを疑っている私は
いけにゃい人。。。

No title

ママさん忙しいな~
お家は処分されるのですか。
でも感傷に浸っている暇もなくやることがたくさんあるのですね。
大島紬持っていかれなくてよかった!
今度お会いするとき着ていらしてもよくてよ♪

新潟弁講座さっそくありがとうございます。
ばーかは一瞬びっくりしますね。
いっちょさけもうしたはお話が終わるときの決まり文句なんですね。
あったかい響きです。
それにしても近所の人が何でも持って行ってしまうのにはおごっだ(@_@)

すっとぼけた顔のとらっち、思いっきりあやしいな(-_-;)

No title

新潟弁難しいです(;・∀・)でも、
とても勉強になりました(⋈◍>◡<◍)。✧♡
私の祖父は青森だったので小さい頃はよく青森弁を
聞いてました。
方言っていいですね(#^.^#)

きらちろママさんのお人柄もあるけれど
いつ帰っても温かく迎えてくれるご近所さんや親せきがいる
のは嬉しい事ですね。

朝早くからお疲れさまでした。
とらっちちゃん悪いことをした自覚があるときは
爪とぎの後ろで爪を研ぐんですね(〃艸〃)ムフッ
可愛いなぁ~

裂けるチーズ?

わあ!今回もまた美しい緑とお空ですねぇ。美しいです。
御実家お片づけ、お疲れ様でした。や~んもう、わしはママ様のお身体がとっても心配ですよおおお~v-356
お仕事・家事・お家にゃん&別邸囲いにゃん(笑)&お外にゃんのお世話もあるし~うわああああんv-356
ほんと神様、ママ様に宝くじ1等を~!!!

「いっちょさけもーした」うあ、流石にこれは分からんかったです~(=^・^=)

chieさん

新潟は京言葉のようにきれいでまったりした感じではないのですが、私にとっては懐かしくホッとする言葉です(#^.^#)
また思い出したら、講座を開設するので、お付き合いくださいね(;'∀')
とらっち、悪いことだとわかっているんですが、しらばっくれています(--〆)

Gaviちゃん&Tibitibiはなびちゃん

こんげ上手に新潟弁使うなんて、おねえさんは新潟の人だったろっか…しかも明治の生まれ?(笑)
私くらいの年齢でも聞けばわかるけど、もう使わないのに、おねえさんてば(;'∀')
とらっちは、いっちょさけもーしたと、事を終わらせたかったみたいですよ(^^♪

まさぽんさん

私もいっちょさけもーしたは知らなかったんですが、故郷の昔話の最後に使われていました。
なんとなく雰囲気がわかって、ホッとする言葉でした!(^^)!
ブログ全部を新潟弁で書いてみようか…なんて野望が(笑)

しあママさん

本物の大島紬かどうか、私にもわからないんですが、とにかく大量にあったので、小物やお人形作る人にあげてもいいかな…と思って、自宅に送ったのですが、足の踏み場がない…(~_~;)
私も子供のころから可愛がってもらっていたご近所さんなので、いつも声をかけてもらってありがたいです。
とらっち、許されることがわかってやっていますよ(-_-;)

usainuさん

『ばーか』は、『ば』を高くすると『馬鹿』になってしまうのですが、トーンをフラットにしてくださいね(笑)
今度会ったときには、実践講座をします!
ごうぎは豪儀でしょうね。派手という意味ばかりではなさそうですが、ものすごい感じは伝わりますよね。
とらっちは、猫部屋にちょろちょろ入って、ご飯は食べるわ、トイレは使うわ…ナナオに怒られてションボ~ン(--〆)

こんたさん

土地土地に伝わる言葉があって、地元の人しかわからないけどいいですよね~(*'▽')
本物の大島紬かどうかわからないんですが、一度専門家に観てもらおうと思っています。
とらっちは、いつもしらばっくれるんですが、憎めないヤツですよ(#^.^#)

CAT.さん

ときどき、私でさえ「はぁ?」と思う言葉もあるんですが、前後の流れからニュアンスはわかるので、やっぱりホッとしますよ(#^.^#)
父と6歳くらい違う叔父夫婦がいるので、故郷はまだここにあって、帰ることもあるでしょうけど、叔父夫婦が亡くなったら寂しくなるでしょうね。

とら母さん

ははは~やっぱりわからないよね~(;'∀')
今度会ったときは、実践的にお教えしましょう(笑)
9歳違いの従妹が杉並区に住んでいるんだけど、新潟の叔父夫婦のこの子の方言がすごくてね…聞かせてあげたい!
とらちゃんも15歳かぁ…でも、ウチは別館のコも含めると、15歳以上が5匹もいるから、まだまだ元気で頑張ろうね~!(^^)!

まちゃこさん

ありがとうございます。母が2年前に高齢者用のマンションに入居して、そのときから実家は空き家状態で、その時もずいぶん処分したし、近所の方に持って行ってもらって、今回もう差し上げるようなものはないと思っていました。
でも、まだまだ思い出の品があったようで、もらっていただいてうれしかったです!(^^)!
新潟は、おおまかに3つの地方に分かれているので、方言も違うんですよ。
老猫たちも、無事に夏を乗り切ってくれて、通院もなくありがたかったです(*^^)v

だっちゅさん

新潟は面積だけは広いので、山あり川あり空気が澄んでいて、それだけでも故郷に帰って来たなぁと思わせてくれる場所なんですよ(*^^)v
だっちゅさんが、新潟に旅行することがあるときは、先に新潟弁をもっとお教えいたしますわ(;'∀')
田舎の人たちは、情に厚いですからね。
とらっち、疑いどころが、物的証拠も状況証拠もバッチリそろっているのに、しらばっくれます(^_^メ)

NEccoSunさん

実家の処分ができれば、すっかり片付くんですが、田舎は簡単に売れなくて、空き家バンクに登録したりしていたので、まだもう少し時間がかかりそうです。
本物の大島紬かどうかわからないんですよ(~_~;)
一度和服の専門家に観てもらいたいと思っているんですが…。
近所の人たちに使ってもらえれば、両親も本望だと思うし、「いがったねっか」(よかったね~)と言ってくれるでしょうね(#^.^#)

大五郎ママさん

その土地土地の言葉は、味わいがあるんですが、地元の人しかわからないですよね(;'∀')
でも、帰り際に「今度は、必ず寄ってくらっしゃい」とか言われて、涙まで流されると、また帰りたくなります(#^.^#)
とらっちは、いつも背を向けて爪とぎしているのに、なにか悪いことをしたときは、私の顔いろ見ながらバリバリするんですよ(^_^メ)
すぐ逃げられるようにしているとか…( ゚Д゚)

いとうとしこさん

田舎はいいですよね~のんびりしていてホッとします。
今回も前の日に「行くよ~」と電話をしておいた近所の知人が、お昼ご飯を作って待っていてくれたり、なんか手伝うことはないかと来てくれたり…。
聞き取った昔話を本にしたものがあって、話しの最後が「いっちょさけもーした」で終わっていたけど、「いっちょさけるチーズ」でもいいかもね(;'∀')

No title

こんばんは~。
新潟の言葉はやっぱり懐かしいです。
全部わかります。
「なじょーも そうしてくだっさい」って好きだわ♪
新潟はきらちろママさんの故郷なんですね。
これからもずっとずっと・・。(*^^*)
自慢することを、「鼻フンコフンコする」って母は言うんだけど聞いたことありますか?
流石にそれはないですよね。(;・∀・)
それからは「そんだがなぁ」かな?

No title

片付けお疲れ様でした
「しゃっこい」の部分だけ仙台弁と一緒なので分かりました
お里の言葉、懐かしいですよね
それにしてもご近所さんが爪切りまで?!
廃棄にならず使ってくださるのは嬉しいけれど
業者さんも驚かれたことでしょうね

とらっちさん、何をしていたのかな(笑)
ママさんはちゃ~んと分かってますよ~

うに子さん

「鼻フンコフンコ」わかる~言います言います( ^ω^ )
「そんだがなぁ」は、言わないかも。。。
新潟は広いから、上越中越下越で、訛りも違いますよね。
ウチは中越だから、長岡弁という紹介のされ方をするのですが、山古志あたりはまた違うようで、高校に入って友達が「汽車がずった」といったときはびっくりしましたよ(;'∀')
いろんな言葉があって楽しいですよね~(*'▽')

maman ga buさん

仙台も「しゃっこい」って言いますか!?
なんかうれしいな~(*'▽')
一つ一つ確認していると時間がかかるじゃないですか!
意を決して業者を呼んだのに、またご近所の方が箱を開けて、あーでもないこーでもないが始まったので、もう好きにして~って感じだったんですよ(笑)
爪切りだって、これは三条の金物屋の爪切りで値段も高いけど使いやすくて…なんて講釈する人がいるんですよ(苦笑)
ま、これもいい思い出になりました。
カウンター
プロフィール

きらちろママ

Author:きらちろママ
東京在住

きらら
kirarayokogao.jpg
ちろろ
tiroyokogao.jpg
とらっち
torasyoukai.jpg
最新記事
最新コメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる