コメントのご返事に代えて

20160227 12
メメちゃん急逝の記事にお悔やみや きらちろママへの温かい励ましの
コメントをたくさんいただき 本当にありがとうございました
苦くてしょっぱい悲しみの涙が 感涙に代わってきています
コメントくださったお一人お一人に お礼を申し上げたいのですが
このような形で おまとめのご返事になってしなったこと お許しください


20160227 1
平成16年の7月ころに 初めてみー一族を見かけたときは メメちゃんは
生後3ヶ月くらいの仔猫でした
翌年3月に一斉にTNRをしたのですが そのころから太り始めて


20160227 6
保護してからは まさに食っちゃ寝 食っちゃ寝 立派な力士になれるでしょう
ってくらいでした


20160227 2
それなのに 寒がりで オイルヒーターを出せば 特等席に陣取り


20160227 4
それに輪をかけるように そこまでご飯を運ぶ バカ飼い主


20160227 5
糖尿病になったらどうしよう…とオロオロしながらも コロコロのメメちゃんが
可愛くて 放置してしまった結果 寿命を縮めてしまったかもしれません



20160227 3
この記事を作るために 写真を探していて 2年前に亡くなったアップル
いっしょに写っているのが思いのほかたくさんあって びっくりぽん


20160227 8
とっても仲良しの二人というようには 見えなかったけど 
メメちゃんのほうが 1歳上の実の姉弟なので もう会えたかな
今ごろどんな会話をしているでしょうね


20160227 7
外の暮らしも長かったので 寒さや雨風を凌げて ここで暮らせてよかったと
思って旅立ったのなら嬉しいな~


20160227 9
あんなにふくよかだったのに 年齢的にも食べる量が減ってきたのかな…
なんてのん気に考えていたら 大きな病気を抱えていたなんてね
気がつかなくてゴメンね
でも 手術してもらって回復すると信じていたので ゲキ痩せ写真も
いつか こんなに痩せていた時期もあったのよ…と笑い話にできたらいいな~と
気軽に撮ったものだったんです


20160227 10
バイバイ メメちゃん またどこかで会えたらいいね



20160227 11
メメちゃんたちが外にいたときから 気遣ってもらって みー一族の
引っ越しも手伝ってもらったお友達にお花を贈ってもらいました 
ひーちゃん ありがとね




スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

メメちゃん、きらちろママさんのお傍ですごしたこと
とても幸せだったと思います^^

こんにちは。

メメちゃんの事、本当に突然で
驚きました。
毎日たくさんのにゃんこと一緒に
居ることは、楽しくもあり嬉しくもあり!
でもその分たくさんの別れがいつか
待っているんですね。

アップルちゃんが旅立って1年と少しですか。
お空で久しぶり!!って再開しているんでしょうね。

ぷっくぷくのメメちゃんとスリムになったメメちゃん。
どちらも可愛いお顔で魅力的な三毛ちゃんですね♪

巡り会えた事に感謝・・共に過ごせた事に感謝・・でも・・目の前から突然居なくなるのは反則だよね・・私も未だに探す・・声をかける・・辛さは穴埋めできないですよね
でも・・沢山の命がある中で奇跡に近い出会いがあって共に時を過ごせたことは・・あっちは?だけど・・私は幸せだったよって言えます。きらちろうママも充分幸せだっあっと思うからありがとうを沢山~~言ってあげて下さい

別れは悲しいですね。
今でもグレンのためできること
あったのだといつも思います。
でも、グレンは病院で亡くなるのを
望んでいたかと思うと
また悩むのです。
メメちゃんにもいろいろな思いが
ママさんにあると思いますが
メメちゃんが幸せだったことは
間違いないです。
猫飼いの大先輩に失礼しました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

メメちゃんホント美ニャンさんですよね~
うんうん、優しいきらちろママ様んちのコになって、暖かいお部屋と美味しいご飯も得られてとても幸せだったと思います。

メメちゃんは外にいた時、空腹の辛さに耐えられぬ日々を過ごしていて
きらちろママ様と巡りあえて、お腹いっぱいに食べれて、暖かい家で
過ごせる幸せを味わえることが出来たのよね。
手術して回復すると信じていたきらちろママ様、自分をせめないでね。
私も半外猫を混ぜて十数匹いた時、目の届かなかった自分を責め
苦しみ悩み涙が止まらぬ日々がね。
トップのメメちゃんの幸せいっぱいでゴローンして、きらちろママ様を
見つめながら幸せニャンと言ってる(。✪‿✪。) 可愛いメメちゃん。
こ~んなにも可愛い姿にほっと癒され、幸せをもらっていたんですもの
メメちゃ~ん有難うね、ですよね♡❣LロVЁ❣♡

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

外猫時代からコロコロだったメメちゃん。
それはもう、まぎれもなく彼女の個性だったんですね。
私も回復を信じていただけに未だにショックが大きいのですが
メメちゃんがいちばん「えっ」って思ってるかも。
お気落としなく、という言葉も上滑りしてしまいます。
今は喪失感とできるだけ穏便につきあいつつ
目の前のやるべきことに没頭してくだされ〜
ただ、みなさんおっしゃるように、メメちゃんは本当に幸せだったと思います。
あのときこうしていたら・・・という思いは
きっと何をどうしても芽生えてしまうものでしょうが
ご自身を責めることは厳禁ですよ〜

まだまだ哀しみの中ですね・・。
でもこうして思い出の写真を観る時、
懐かしさに、少し幸せ感が・・、
ありますでしょうか。
繁忙期、体調にお気をつけて〜♬

メメちゃんこんなにコロコロだったんですね@@
食べ過ぎ、太らせすぎ・・
ああ~耳が痛い・・
食欲があるのは元気な証拠、とか思っちゃうんですよね。。

コロコロ、福々のメメちゃんも可愛かったです〜
モチモチのボディーは幸せな証拠ですよね〜
きらちろママさんがみー一族を保護して暮らして
幸せだったようにメメちゃんもきらちろ家で幸せな
日々を過ごしたと思います。

メメちゃん残念でしたね…。
でもでも!きっと喜んでくれてますよ!!
寒い思いやひもじい思いをせずにすんで、
こんなにぷっくぷくになるくらい美味しいもの
お腹い~っぱい食べて、みんなに愛されて、
幸せい~っぱいなニャン生を送ったと思いますよ~!
精一杯生きたね!メメちゃん!
安らかに眠ってね。

こんばんは!
メメちゃん、ビックリしました。
ご飯も食べてくれていたから、絶対に良くなると
信じていたのでショックでした。

コロコロのメメちゃんだったから、最後の最後まで
ご飯を食べたかったんでしょうね!!
ホントにホントに良く頑張ってくれました。

ママさんもご自分を責めるのだけはやめてくださいね。

大好きなママさんのお家の子になれ、ママさんの愛情をいっぱいもらって
メメちゃんは、こんなにも幸せだったんだから・・・

メメちゃん、どう考えても幸せだったでしょう!
お腹いっぱい食べられてここは楽園だと思っていたに違いありません。
アップルちゃんのお姉さんだったのね。
今頃は思い出話をして笑いあってることでしょう(^_^)

こんばんは~。
蟻塚のようなオブジェの前で佇んでいるメメちゃん。
優しいお顔の猫さんでしたね。
きらちろママさんは一生懸命出来ること全部メメちゃんのためにやってあげたと思います。
メメちゃんもぜ~んぶわかっていたはず。
猫も人間と同じで体質ってありますよね。
太る体質はどうにもならないことあると思うのよ。
うちのうにもそうですから。。
メメちゃんは保護されてきらちろ家で暮らせてほんとに幸せな猫さんだったと思います。

メメちゃん突然の旅立ち、辛く悲しいですね。。
お外からきらちろママさんと生活できるようになって、大好きなご飯をたくさん運んでもらって、メメちゃんのコロコロボディーには幸せときらちろママさんの愛情がたくさん詰まっていたんだろうな〜と思います。
メメちゃん、お空でも大好きなご飯を食べてきらちろママさんを見守っていてね。

だっちゅさん

だっちゅさんにそう言っていただけると嬉しいです。
人間の思い込みかもしれませんが、やっぱり厳しい外暮らしより、家の中のほうが
暖かいし安全だし…と思いますよね。

もかくきさん

アップルが旅立って2年2カ月になります。
こんな短い期間に2匹も見送ることになるなんて思ってもいませんでした。
でも、もかくきさんも、クッキーちゃんの悲しみの涙も乾かないうちに、
モカちゃんを見送ったのですよね。
見送ってあげられてよかったとも思っています。

amesyoさん

楽しい思い出がたくさんありますよね。だから辛さは埋められないけど、感謝の気持ちを
たくさん伝えます。
そうそう、私でよかったのかな?ウチのコじゃないほうが、幸せだったかも…と思いますよ。
でも、これも運命なんですよね。

こんたさん

何も言ってくれないので、飼い主の判断ですよね。
こんたさんもグレンちゃんを病院に連れて行ったときは、必ず助かると信じていた
からですよね。どれが正解かなんてわからないですよ。
メメちゃんは、あまり苦しまずに逝ってくれたことが、私にとっては救いでした。

鍵コメ(h)さん

そちらも短い間に小さな命を見送っていましたね。
こんなことは、何度あっても慣れることではないし、むしろそのたびに悲しみが
増していくようです。
でも、またどこかで猫じゃなくても、メメちゃんかな?って想えるコに会えるといいな~

鍵コメ(n)さん

こんなに痩せても、メメちゃんはメメちゃんらしく最期までよく食べていましたよ。
ボサボサだった毛も、すごくきれいになっていました。
アップルと追いかけっこでもしていることでしょう。メメちゃんが寂しくないと
思うだけで救われます。

いとうとしこさん

外で暮らしていたときから、通りすがりの人に「シャンプーしているんですか?」と
聞かれるくらいキレイな毛艶だったんですよ。
厳しい外暮らしより、暖かくて安全な家で暮らしてもらっただけでも、私が幸せでしたよ。

にゃんこみかさん

メメちゃんがいた場所は、きまった餌やりさんはいなかったのですが、都営アパートに
住んでいるおじいさんが可愛がっていました。ただ私が餌やりを始めてからも、近所に
イジワルな人がいて、いつか犠牲になるコがでるのではないかと戦々恐々していました。
いっしょに暮らし始めて、そんな心配がなくなって私が一番幸せでしたよ。

鍵コメ(t)さん

FBメッセージのご返事もしなくてごめんなさい。私は大丈夫ですよ。
こんなにコロコロしていたら、きっとなにかの病気になると思っていたのですが、
多頭飼いのダイエットは、ホントに大変で…特に仕事が忙しいときは帰宅時間も
わからないので、ドライフードを出しっぱなしにしていくから、食欲旺盛なコは
食べ放題ですよね(-_-;)
運動させればよかったな~と反省しています。


usainuさん

外で暮らしているよりは、幸せな猫生だったと思いたいです。
でも、何をどうしても後悔がないなんてことはなくて、物言わぬ小さな仔の
運命は飼い主が握っているわけで…。
でも、最期まであまり苦しまずに逝ってよかったと思っています。
目の前のやるべきことが山のようにあって、そっちの涙が・・・(-_-;)

まさぽんさん

まだ哀しみに暮れる余裕もないほど、どうしてこんなことになってしまったんだろう
という想いが強いんです。
写真も取り急ぎ探したので、またゆっくり見る時間ができたころにジワジワくるのかも
しれません。
お気遣いありがとうございます。

ゆぼぼさん

そうですよ!食欲があるのは元気な証拠で、食欲がなくなるとホントに心配で心配で…。
猫も種類や体質で、多少太り気味でも大丈夫なコもいますが、メメちゃんはどうみても
肥満ですよね。
でも、前日まで美味しそうに食べていられてよかったと思っています。

けいとさん

このコロコロがメメちゃんの特徴でもあったし、可愛かったのでそのままに
してしまったのですが、でも最期まで食いしん坊を貫いてくれて、よかったと
思っています。
外で暮らすよりはいいと思って保護したのですが、何もかまってあげなかったな~(^^ゞ

猫柳るみ子さん

忙しいのにコメントありがとうね。
そうですよね!外で寒さや事故や病気の心配をしているよりよかったと思うけど、
家庭内野良猫と呼ぶほど好きなようにさせていたので、飼い主というには自覚が
足りなかったです。
でも、こんなにたくさんのお悔やみの言葉をいただけて喜んでいますよね。

おはるママさん

メメちゃんの手術の後も、経過を知らせてねって、心配してくださって
ありがとうございました。
術後も頑張っていたんだけど、胆汁の流れが悪かったとか、なにか原因はあったのでしょう。
でも、胆石の痛みがとれて、ごはんを食べられるようになって数時間前まで食べてくれて
ありがたかったです。

NEccoSunさん

ほんとネ、好きなだけ食べていたことは間違いないわ(^^ゞ
アップルとは血を分けた姉弟なのに、メメちゃんがトイレに入っていると、アップルが
トイレの前でガン見していて、メメちゃんシャーシャー言いながらトイレしていたシーンも
あったんですよ(-"-)今は、仲良くしていてくれたらいいな~

うに子さん

たまたまこのアリ塚のような爪とぎの前にいるメメちゃんが可愛くてアップしたのですが、
この芸術品の爪とぎは、メメちゃんの作品といってもいいくらい、よく使っていたんです。
痩せた身体でも、前日まで、ここでバリバリしていたので、この写真があってよかったな~と
思いました。
家庭内野良猫だったけど、安心して暮らせてよかった…と思ってもらえたら嬉しいです。

ちくわママさん

あまりに突然のことで、なにがなんだか…みたいな状態なんですよ。
まだ旅立った実感がないというか、手のかからないコだったから余計そう思うのかも。
でも、食欲がなくなって手術をしてからは、薬を飲ませたり、少しでも栄養のあるものを…と
ちくわママさんからいただいたa/d缶、とっても嬉しかったです。
温かい言葉もかけていただいてありがとうございました。
カウンター
プロフィール

きらちろママ

Author:きらちろママ
東京在住

きらら
kirarayokogao.jpg
ちろろ
tiroyokogao.jpg
とらっち
torasyoukai.jpg
最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる