ポン七回忌

20150903 4
平成14年 ポン12歳の夏
仔猫のころの写真が このPCに入っていないので いきなり12歳ですが…
平成2年6月半ばの深夜 当時住んでいたマンション裏の駐車場で 
大きな声で鳴いていた猫がいたのです
母猫を探していたのかもしれませんが 素手でひょいと捕まえられたので
お腹が空いているのかと思い 家に入れて成猫用だけど カリカリを
ふやかして食べさせました


20150903 2
生後まだ2カ月も経過していないくらいの仔猫で 母猫が近くにいるのだったら…
捕まえた駐車場で 放してみたのですが きらちろママのところに帰ってくるので
ウチのコにしました


20150903 1
1歳年上の クロというオス猫と仲良く暮らしていたのですが 平成14年に
クロが虹の橋を渡って ポンもお爺さんになってきたし これからは一人で
ゆっくり暮らそうね~と話をしていた2年後


20150903 6
きららちろろが 来ちゃったんだもんね~


20150903 3
最初は やっぱりどうなるか心配だったのですが ポンが チビッ子に
きらちろママは怖いとか 教えていたみたいだし


20150903 5
外は見ていても 出ちゃいけないんだって教育してくれたみたいです


20150903 7
ポンは 猫エイズが陽性だったし 獣医に安楽死を勧められたくらい 
酷い皮膚病もあったし チビッ子を受け入れるかどうか 悩んだのですが 
ポンが いいと言ってくれたので きらちろウチの子に決定


20150903 8
ホントに この3匹はいつもいっしょで 


20150903 9
17歳半くらいのお爺さんになっても まだ枕にされるポン

でも この2年後の 9月2日老衰ですよね 大往生でした

そして このシマシマと長いシッポが とらっちを見たときに ピンと
くるものがあったのです
えぇ…ピンときただけですよ 生まれ変わりなんて思っていません
でも 今の3匹も仲がいいんだな~ なんでだろ


20150903 10
8月30日に しゅがーれいんさんのねこうたを聴いた後 七回忌の合同法要に
駆け込みました
塔婆を立てにいったら 他所の猫ちゃんなんですが 偶然「クロ」という名前が
並んでいて ウチのクロも亡くなって13年 暮れには アップルの三回忌
哲学堂動物霊園にご奉仕する きらちろママでした


スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

きらちろ家にはいろんな猫ドラマがあったのですね。。
仲良し3にゃん組のようす、なんてかわいいんでしょう♪
とらっちは生まれ変わりですね^^
きららとちろろちゃんもそう思ってるんじゃないかしら。
なんだかすごく温かい気持ちになりました(#^.^#)

猫さんとのおつきあいが長い分、
いろんなお別れも経験されているのですね。
ポンさん、ミニミニきらちろちゃんとの写真の印象が強いせいで
「おじいちゃん」というイメージが拭えなかったのですが
そんなちっさい頃から手塩にかけて育てられたのですね。
やさしい子になるはずです。こうして引き継がれる、やさしさの連鎖・・・
きらちろ家のみなさんの性格がいい理由がわかった気がします^^
うんうん、とらっちは生まれ変わりに違いない!!

ポンちゃん七回忌だったのですね。
供養をされて素晴らしいです。

そんな出会いが~心暖まる出会いですね!
大切に育てられて大往生、とっても幸せな猫生だったと思います。
後輩にゃんたちにも優しくて、その優しさが引き継がれてますね。
ママさんの優しさが素敵です。

義母へのお見舞メッセありがとうございました!
無事に手術が終わりました♪

きらちろママさん猫とずーーと暮らしてこられたんですね〜
ぽんちゃん綺麗なしましま 三人仲良かったんですね〜
きらちろちびっこにとってすごくぽんちゃんとの日々は大切だったでしょうね^^

ホントだっ!きらちろママは怖いっ!…って教えてるっ!(笑)

仲良しトリオだったのねっ!
ポンさん、枕にされてるけど、みんなほぼ大きさ同じだねっ♪
家族になるコって何かしらご縁があると思うのよねぇっ…。
不思議だけどぉ…。

しゅがーれいんさんの唄、barusa39さんのトコロもママのトコロも仕事で聴けていないのよぅっ!
アップできるとお母さまも嬉しいなぁっ♪

こんばんは

ポンちゃんですか(*^_^*)
可愛いこですね。3にゃんの写真が可愛くて。たくさんの経験をされているのですね。まだまだ、猫歴短いので・・・
これからたくさん学びますね。

ポン君は幸せでしたね💛
とっても大らかな雰囲気で、まるでトラの子のような
2番目の写真可愛いですね(*✪‿✪*)
お母さん役を務め、子猫ちゃん達をおりこうちゃんに育ちあげて
いつも一緒で、ほ~んわり暖かい猫家族が描かれてますね♡❣LロVЁ❣♡
思い出の猫ちゃん達の、法要を欠かさず感動しました(●♡◡♡●)

納められているのですね・・
私は未だに踏ん切りがつかずいまだにあんずを・・
私が死んだ時に粉骨にって全て飛ばしてもらうことを頼んでいます。
思いでが沢山・・何時までも心に刻まれていますよね

きらちろ家も長い歴史の中で、いろいろな出会いと別れがあったのですね。
先輩猫たちがちびっ子たちを受け入れ、優しく時には厳しく指導してくれて、成長させてくれますものね。
こうやって愛された猫たちは、本当に幸せですね。
きっと虹の橋を渡る時も、飼い主さんに感謝しながら笑顔で渡って行くんだろうなぁって思いました。

ポンちゃんのお使い

ですね、とらっちくんは♪
わ~3にゃん横川の字のそべりが可愛いv-10
やっぱり代々のみにゃさまの見本が良いからなのね、
きらちろママ様んちのみにゃさま性格良しにゃんですもんね♪

やさしいねこ様ですね~~^^
それだけお外での苦労があったのかしら^^

毛物さまのお話はとても癒されます^^

ポンちゃん、19歳で大往生~凄いですね~!
おじいちゃんになっても孫のようなきらちろちゃんたちの
お世話係をすること生きがいを覚えていたのかも・・・!

とらっちくんを見た時にピンときた・・・ってことは、
きっとそう(生まれ変わり)に違いありません。(*´▽`*)

ポンちゃん、とても面倒見の良い素敵なリーダーだったのですね(^^)
3ニャンで寄り添う写真もすごく素敵です!!

お鼻の周りと分け目の配色はちょっと違うけど、グリーンの大きな目と白い靴下、あごの下からお腹にかけてのふわふわの白い毛、とらとよく似ていますよね。
とらっちにピンとくるものがあったっていうのもよくわかります。
先に逝っちゃった子達、こんな時は虹の橋の向こうで「あ、今思い出してくれている」って喜んでいるんじゃないかな。そうだといいなー

ゆぼぼさん

きらちろを保護して1か月くらいは、里親を探していたのでいっしょにしなかったのですが、
ウチの子にしようと決めてからは、仮に病気が感染しても一蓮托生の覚悟でした。
でも、ポンは噛んだりしなかったので、猫エイズは陰性でありがたかったです。
お爺さん子なので、おっとりした性格になったのかもしれませんね(;'∀')

usainuさん

19年半近くもいっしょに暮らして、ペットというより同志に近いものを感じていましたよ。
当時はあまり猫のことも知らなかったし、野良猫が家の中にいるくらいで放っていたのですが、
最期の1年くらいは、親の介護のより尽くしたつもりです(^^ゞ
きらちろの面倒をみてくれて、ホントにありがたかったです(*^^)v
とらっちは、身体つきは似ているけど、性格がねぇ…"(-""-)"

しあママさん

クロもポンもアップルも、みんな同じ動物霊園で火葬してもらって、ここの霊園は
近いのですぐ行けるんですよ。
そこの家の仔になるのは、やっぱり縁ですよね。
ポンがきらちろに威嚇したり、きらちろが怖がったりしたら、考えたと思うのですが、
相性がよかったのでしょう(*'▽')
お義母さま、よかったですね。

みきたろうさん

猫飼い歴27年になりましたが、最初は何もわからずに、ご飯をやっていればいいか…くらい
だったのですよ。まだまだ飼い主としては未熟者ですが、猫に教えられて一緒に成長している
段階なので、それもまた楽しいことですよ(#^.^#)
ポンは、ホントによくきらちろを世話してくれました。
逆にポンが晩年、身体が不自由になったときは、きらちろが支えになってくれてありがたかったです(*'▽')

くまさつお母さまさん

ホントに、猫の会話が聞けたら恐ろしいわよーッ!
お母さまも気をつけてー!くまさつちゃんになにを言われているかわからないからねッ(-_-;)
枕にされている写真のころは、きらちろも2歳半くらいかな…もう大人の身体つきですよね。
なんの縁があって、ウチになんか来たのかな~って思うけど、可愛いもんね~(#^.^#)
しゅがーれいんさんの歌、今夜アップできると思うので、聴いてね。

Miyuさん

ポンという名前なんですが、実は仔猫のころは「まる」と呼んでいたのですよ。
5歳くらいから太りだして、私の両親が見たときに「タヌキみたい」と言って、
勝手に「ポンタ」って呼んでいたんです(^^ゞ それで「ポン」になったのですよ(*'▽')
猫に教えてもらいながら、一緒に学び成長できると思いますよ。

仔猫ってよく親とはぐれてしまうんですよね。
ポンちゃんもお家がわからなくなってしまったのかしら。
でもにゃんこのプロ、ママさんに見つかってラッキーでした!
その恩を忘れずに(?)きららちゃんとちろろちゃんを教育してくれたのですね。
こういう風にくっついているのを見ると、にゃんこにも豊かな感情があるんだなと思います。
ポンちゃんはママさんちが居心地いいから生まれ変わってきたんですよ、きっと。

にゃんこみかさん

捕まえて連れてきて、家のダイニングテーブルに乗せたところから写真を撮っていたのですが、
まだデジカメではなかったので、紙の写真しか残っていないんです。
もっと小さいころからデジカメは使っていたのですが、データが見つからなくて…(-_-;)
でも、このトラのような写真もお気に入りなんですよ(*^^)v
動物霊園がたまたま近いところにあったので、度々行けてよかったです。

amesyoさん

お骨3体は、まだ自宅にありますよ。
お寺のご住職は、土に返したほうがいいとおっしゃるのですが、私もふんぎりがつきません。
ウチにはまだ7匹いるので、そのうちになにか策を考えたいと思っているのですが…。

たれくりたんさん

長いといっても、まだ四半世紀余り…しかも、猫は猫同士のほうが、なんて勝手な理論で
放ったらかしなんですよ(^^ゞ
でも、それが猫から猫へなにかしら受け継がれていくのもがあったら、いいですよね。
私は感謝されるほどのことはしていないので、してくれなくてもいいんですが、この家で
暮らして楽しかったな~と思って旅立ってくれたら嬉しいです(*^^)v

いとうとしこさん

えぇ~?やっぱりそうですかね~(^^ゞ
身体つきは似ていても、ポンととらっちの性格は似ていないような…( ゚Д゚)
でも、とらっちもだんだん大人になって落ち着いたら、似てくるのかな。
横川の字…私もお気に入りの写真なので、何度もブログに載せちゃいますよ~

すもっちさん

ありがとうございます♪
保護したときは、まだ手のひらに乗るくらい小さかったんですよ。
ノミだらけで、家の中に入れるのをためらったくらいなんですが、私が猫の知識も経験も
なかった頃なので、勢いだけでウチの仔にしてしまいました('Д')

ぐうたらかあさん

そうだと思います!ポンが14歳ころにきらちろを保護してしまったので、ちびっ子が騒いだら、
老体に堪えるかな…と心配していました。
2年くらい一人でのんびり暮らしていたのに、きらちろの世話を焼き始めたら元気になったんですよ(*^^)v
きらちろも遊びに夢中になって走り回っていても、ポンの近くにくると前足をつっぱって
ブレーキをかけてぶつからないようにしていましたよ(*'▽')

CAT.さん

ポンはね、もうお爺さんだったんですけど、きらちろの躾は自分がやらなくちゃ…みたいに
奮闘してくれました(*'▽')
猫飼いの勉強もしていない私には、任せておけなかったのでしょう(^^ゞ
3ニャンの写真、また発掘しておきますね。

ポンちゃんが、きららちゃん、
ちろろちゃんの前にいたのですね!
面倒見のいい猫ちゃんで
クロちゃんとずっと一緒で
幸せな猫ちゃんでしたね!
ママさんのところで
よかったね(^-^)

とら母さん

そうなのよね…私もポンの写真を探すたびに、とらちゃんと似ているな~と思って
観ていたんですよ(^^♪
とらっちが似ているといっても、ホントにシマ模様とシッポの長さだけで、とらっちが
もう少し大人になって落ちついてもポンのように賢くなれるか微妙…"(-""-)"
先に逝った子は、今頃生まれ代わって、優しい飼い主さんと出会えているといいな~(*'▽')
猫に生まれ代わっているとは限らないか…(^^ゞ

NEccoSunさん

ポンを保護してしばらくしてからなんですが、マンションのお隣の奥さんがウチにいた
ポンを見て「このコ、この先の空地にいたのを見て、捕まえようとしたら噛んで逃げたのよ」と
言っていたので、やっぱりウチを選んできたのかな…(;'∀')
きらちろも、2匹いっしょだったので、先住猫を怖がらずにいてくれてよかったです。
そう思うと、縁もあるしタイミングもあるけど、もう運命なのかなって…(*'▽')
ポンが、こんなキャーキャー騒ぐ猫に生まれ変わったなんてショック~(笑)

こんたさん

ポンは、まだ手のひらに乗るくらい小さかったのでそのまま家にいれたのですが、
クロは、ずっと外でご飯だけ食べにくる野良猫だったのです。
でも、ウチの中にチビ猫がいるのがわかって、クロもウチに入ってきたのですよ。
いろんな縁というか運命なんでしょうね(*'▽')
そのあとはご存じのように、増えていって…(;'∀')

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

とらっちちゃんはポンちゃんに生まれ変わりだったんですね。
きらちろちゃんの面倒を見ていたポンちゃんが
生まれ変わってとらっちちゃんになって
今度はきらちろちゃんに教わっている ?
猫の恩返し、猫のおすそ分けでたくさんのものを
頂いてますね。
これからも猫とずーーーーと一緒で居たいですね〜

運命とか生まれ変わりとか。
いろいろ考えちゃうけれど、どの仔も唯一無二の存在ですよね。
いつまでも心の中に生き続ける仔。幸せな一生ですね。

鍵コメさん

3にゃんの写真ほめてくださってありがとうございます♪
そちらも、いよいよ現実味を帯びてきているのですね。
実現できるように、私も知恵を絞りますので頑張りましょう。
お話しできる日を楽しみにしています。

けいとさん

う~~ん、生まれ変わりか微妙なところですけど、そんな風に考えるのもおもしろいですね。
たしかに、身体つきは似ているんですけど、性格はずいぶん違うような…(~_~;)
でも、そうだったとしたら、この手短なサイクルは笑えます(^_^メ)
猫同士がうまく付き合ってくれれば、人がお手伝いできることなんか、少ししかないんですけど、
これからも手伝えることがあれば、やっていきたいです(#^.^#)

なっつばーさん

そうなんですよね!
ピンとくるものはありましたが、ポンはポンで、とらっちはとらっちなので、身体つきが
似ているというだけで、みんな個性が違って…だから面白くて楽しいんですよね~(*^。^*)
どこのお宅でも、たとえ供養ができなくても、生きていた証はありますし、忘れないですよね。
カウンター
プロフィール

きらちろママ

Author:きらちろママ
東京在住

きらら
kirarayokogao.jpg
ちろろ
tiroyokogao.jpg
とらっち
torasyoukai.jpg
最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる