03
1
2
4
6
7
9
10
12
14
15
17
18
20
22
24
25
26
27
28
29
30
31
   

TNR報告

前回 こっそりと夜中に追記した悩み事に 励ましのお言葉を
いただきありがとうございました

コメントの返事を読んでくださった方には もうおわかりかと思いますが
ハッピーエンドというわけにはいきませんでした

前回の追記とコメ返しで 重複するところもありますが ご報告させて
いただきます(長文ですので 適当にスルーしてください)


きらちろママが引っ越してくる前に住んでいたところの近くで 外猫に
餌をやっている方から月曜日の朝 電話があって お腹が大きくなった猫が
いるので 避妊したいとのことでした

餌やりさんお二人のうち 一人とは以前から顔見知りで 電話番号も交換
していたので 今回は動物病院からの依頼ではありませんでした

火曜日の夕方 餌やりの時間に合わせて様子を見に行くと 明らかに
いつ産まれてもおかしくないくらいのお腹をした猫がいました

餌やりさんたちは とにかくこのコを捕まえて・・・ということでしたが
都合よくそのコだけを 捕獲できるかどうか

翌日 捕獲器を2台借りて 夕方から仕掛けました
そのコ以外は オスメスの判別もできていなかったので 餌やりさんを説得して
捕まった順に動物病院に連れて行くことにしました

20130331 6

最初に捕獲器に入ったコ メス猫でしたが 妊娠していませんでした
1歳半くらいじゃないかという話でしたけど 無事に避妊できてよかった

20130331 7


そして このコが 今回以来を受けた猫で 6匹の赤ちゃんが入っていたそうです
それでも 動物病院はきらちろ家かかりつけで 信頼できるスタッフさんばかりなので
安心して託しました
病院に行く途中でも 他の猫にもそうしているのですが ずっと話しかけていて
「お外で赤ちゃんを育てるのは大変だからネ 怖いよね でも心配しなくても大丈夫よ」
なんて言っていると 病院についてもあまり暴れることはないのです

でも 翌朝 麻酔からの覚めが悪いので点滴もしてみたけどダメでした・・・
と 獣医さんから電話がありました

捕獲してどこかの場所で出産させるにしても 外で自然出産するにしても
体力がなくて 思うようにはいかなかったかもしれません
そう思うと 母子いっしょに霊園で供養してあげられただけでもよかったと餌やりさんとも
慰め合いました
これも 人間の考えや都合だけで 猫にとっては それがよかったなんて言えませんよね


20130331 2

とても悲しくて残念な結果になってしまいましたが また同じようにならないためにも
そこに集まってくるコは TNRを続けることを 勧めました
そして このコもメスで やはり6匹お腹に入っていました

20130331 3

で このコはオス 捕獲器の中で暴れて鼻血がでていますが このくらいは
どーってことないですよ なさけない顔が 愛くるしい~  オスは気楽~
でも 麻酔かけても 暴れてたって ツワモノ

20130331 1

金曜日に捕獲したこのコも メスで3匹妊娠中でしたが 無事手術を終えて
土曜日にリリースしました


これまでもTNRに取り組んで 数十匹の外猫を捕獲しているのに あまりにも
大きくなったお腹をみて 胸騒ぎとか予感とか不安ともちょっと違うのですが
漠然ともやもやしたものがありました
それでブログに書き込んでしまったのですが 特に都会ではしかたないこと・・・
と 割り切っているつもりです
何もしないで 幸せになれない猫が増えるくらいなら 増やさなようにすることは
悪いことではないですよね
でも 大きくなったお腹を見ると やはり心が痛みます

宝くじの6億円でも当たったら 猫シェルターを作りたいな~
それでも すべての外猫を助けてあげらるわけじゃないけど・・・

20130331 4

暗い記事になったので 遊んでほしいとらっち

20130331 5

遊んであげようっていってるのに 反撃にでるのか~

ホントに長くなってすみません 畳みどころをどうしようと思っているうちに
全部書いちゃった











スポンサーサイト

どの子も本当に可愛い…
そして…本当に辛い体験でしたね。
読んでいるだけでも胸が詰まり涙が出てきますもの、
実際に捕獲にかかわられたきらちろママさんの胸中を思うと…
どんなに悲しく無念だったことでしょう。
でも、これも外猫さんが少しでも快適に生きていくための
運命であり、きらちろママさんは立派に使命を果たされたのです。頭が下がります。
母猫は、CAT.さんのコメのとおり、子猫たちと一緒に行く道を自ら選んだのだと思います。
ただでさえお忙しいのに、おつかれさまでした。
そしてありがとうございました。
猫は賢いから、きっと誰も悪くないこと、わかってますよ。

きらちろママさんお疲れ様でした。
なかなかできないことをされてるきらちろママさん
私達が思うより辛い体験されたと思います。
 きらちろママさんのように活動されてる
方は本当にすごいと思います。

お疲れ様でした

すごく哀しい結果でしたね
さぞお辛かったことかと思います
でもきっとこの猫さんも、今度は幸せな家庭に生まれて来ることと思います
写真の猫さんたちも幸せになれますように…

猫シェルター!
私も宝くじ当たったら作りたいと考えてます
ゴルフ練習場くらいの土地を買って、そこに猫ハウスと犬ハウスを建てて、私もそこに住むんです
さすがに世話をするのは一人じゃ無理なので、動物看護士とかトリマーの学校に通ってる学生さんをボランティア(ここ重要(笑))で募って、動物病院とも連携して…とか考え始めると止まらなくなるんですよね(笑)
神様、どうか5億5千万当ててください…!!

きらちろママさん、宝くじ頑張って当てましょうね…ってそういう問題じゃない?(@_@;)

usainuさん

ありがとうございます。
私も今回初めて、こんな予期せぬ結果を招いてしまいショックでした。
ただ、本文にも書きましたが信頼できる獣医さんが手を尽くしてくれた
結果なので、納得しています。
外猫を安く手術してくれる病院もありますが、信頼関係ができていないと
こんなときに、そこの病院に私が連れて行かなければ・・・ともっと
落ち込んでいたはずなので。
東京の地域猫環境は厳しいものがありますので、まずは増やさないと
いうことを念頭において、またお手伝いしていきます。


あっこさん

ありがとうございます。
仕事が忙しいときでなければ、ルンルン気分でやっているのですが、
今回は、もう産まれそう…ということで、時間の制約もありましたし、
母猫の負担の大きさを考えると、いっときの猶予もありませんでした。
一抹の不安をかかえながらも、感情を押し殺しての作業でした。
1匹は残念な結果でしたが、他の4匹は元気にしていますし
外にいても餌やりさんが、毎日見ていてくれるので安心です。

しもべさん

ありがとうございます。
今度生まれ変わったらステキな家族に巡り会えて幸せになりますよ。

猫シェルター作りたいですよね~(^O^)/
私は、しもべさんのお母様にお世話を頼みたいと思っています(^^ゞ
私がオロオロしたりクヨクヨしてたら、熊本弁でハッパをかけてほしいです(*^。^*)

リンクさせていただきました。

きらちろママさん、一連のこともご報告も、お疲れさまでした。
いきさつを読むと、それしか言えないというか…。
人知れず去っていかざるをえない猫さんが多い中、
旅立った親子猫さん、悲しんでもらえて、お見送りもしてもらえて…。
きっとあちらでゆっくり休憩していると思います。

おつかれさまでした
残念でしたが 割り切って考えないとやってられない
まさにそんな現実ですね
厳しいそとの生活にそうしてたくさんの小さい命が
まさに命がけで生きているのですから…
本当にありがとうございます

miyaさん

ありがとうございます。
ホントにね、お花も供えてもらって、旅立ちはウチ猫と変わらなかったですよ。
今ごろ、にゃあさんにも会っているかもしれませんね。
これでよかったなんて思ってはいませんが、今はこれしか方法がなかったです。
これからも依頼があればお手伝いしていきますが、一回一回のことを無駄にせず、
なにかしら教訓にしていきたいと思います。

みきたろうさん

ありがとうございます。
温かいお言葉に、ご返事書いていてもまた涙涙です。
ホントに、避妊手術なんて人間の都合だけでやっているので、猫には
全く迷惑なことですが、外猫はもう人が手を差し伸べないと生きては
いけないので、これも共栄共存の手段として仕方がないことだと
おもっています。
できれば、こんな不慮の事故はあってほしくないのですが残念でした。

いろいろと大変で、そしておつらい思いをされたことと思います。
外猫さんたち、たくましく生きている姿に勇気づけられたり、ほほえましい姿を見ることもありますが、でもやっぱり都会の片隅で生きて行くのはタイヘン…。
どの子もみんな幸せになるように、活動されている方には本当に頭が下がります。
辛いこともあったけれど、避妊、去勢に成功した子もいることがせめてもの救いでしょうか。
お忙しい時期なのに、お疲れになったことと思います。せめてきれいな桜を見て、ゆっくりなさってくださいね。

ハッブルさん

ありがとうございます。
ホントに、日向でヌクヌクしている猫ちゃんたちをみていると微笑ましい
のですが、寒空にご飯をもらいに来るコには涙がでます。
でも、みんな家に連れていくわくにはいかないので、せめて餌やりさんも
猫たちも安心して食事できる環境を整えたいと思っています。
こっそり餌だけ置いて行く人もいて、TNRが進まずにほかの
餌やりさんにも迷惑になっているので、猫がどうのこうのではなくて
人の問題でもあるんですよ。
イタチゴッコで根本的な解決策なんてないんですけど、できることから
少しずつやっています。
老体にはこたえるわ~(^_^;)

こんばんは

お疲れさまでした。
外の猫に関わっていると色んな事がありますよね。
嫌な事を言われて人の本性を見てしまったり、良かれと思ってしたことがこれでいいのかと自問自答したり。
ノラ猫は、人の責任ですから一人で(面倒見て居る方々が)責任を負ったり、感じたりするのは本当に違うと思って居ます。
私の周囲でも、色んな事があります。
命を落としてしまった子猫も沢山居ました。
今回の3頭のノラニャコ兄弟、御飯をあげた居た人は沢山居ても、誰一人としてお母さんを避妊しようとか、子猫を保護しようと言う方は居なくて、何か出来れば・・と言って居ても、結局誰も「一頭くらいなら預かりましょうか?」も言いませんでした。
お母さんも、1月にTNRしました。
あのままどんどん増えて行ったらどうするつもりだったんだろう・・
ごめんなさい、つい吐き出してしまいました(^^;
猫ちゃん、残念でしたね。
それでも、弱って外で独りで旅立って行くのより、センターへ連れて行かれて窒息死させられるのよりも幸せだったと思います。
辛いお気持ち、お察し致します。
どうぞ、お力落としのないように・・。

うあ〜、6匹6匹3匹もですか〜。
ずいぶん効率的に?TNRできましたね〜。
お疲れさまでした。
外猫増加をずいぶんストップ出来ましたねっ!♪

ブルームーンさん

ありがとうございます。
今回の餌やりさんは、時期の問題はありましたがTNRを思い立ってくれた
だけでもありがたいと思っています。
ホントに、この辺でも餌だけばらまいて、あとは知らん顔している人が
多いのです。
そういう一部の無責任の人のために、TNRしたり餌もきとんと片付けたり
している餌やりさんまで非難されて辛い目にあっているので、猫問題
ではなくて、人間のモラルの問題なんですよね。
まして飼い猫を捨てるなんて、言語道断ですよ!
ブルームーンさんも、経験豊富な方とお見受けしていましたので、ご意見も
聞きたかったですし、愚痴ってもわかっていただけるかな~なんて甘えも
ありました(^^ゞ

猫ちゃんには気の毒なことをしてしまいましたが、外猫を見ていると
見送れただけでも、私が幸せでした。

まさぽんさん

ホントに、お腹にいたコの数を聞いて、あわわわ~でしたよ。
無事に育つコが半分をしても、今の倍以上になるので
ご近所の目が一層厳しくなるのは確実でした。
それで、餌やりを止めてしまう人もいて、猫たちにとって
不幸なことになってしまうところでした。

実は、ここの現場でももう1匹(餌やりさんの近くまでこないので
よくわからないんですけど)捕まえてほしいといわれていて、
雨が上がったら今週末くらいにまたやってみようと思っています。

獣医さんからも、これを職業にできるんじゃないか…とかいわれて(^_^;)

きらちろママさんの行動には頭が下がります。
今回の事は残念だったけど、私も皆サンと同じ思いです。
きらちろママさんの忙しい時期に限って、猫達には恋の季節なのねぇ~(汗)
今までだったらひとりモヤモヤとしてたかもしれないけど、
聞いてくれるブログ仲間が沢山いてありがたいですね。
それだけでもブログ開設した甲斐がありましたね!
まだまだお忙しいと思いますが、ムリのない範囲で頑張って下さいね。
理解ある獣医さんにも感謝だなぁ~。

ミカ姉さん

ホントにブログ始めてよかったよ~(*^^)v
みなさんに心配かけちゃったけど、励ましてもらったり慰めてもらったりありがたかったです(*^。^*)
家で飼われているペットだから幸せ・・・かどうかの論議はあると思うんですけど、
少なくとも交通事故などからは守れるので、外猫を増やさないような活動は微力ながら
お手伝いしていきますよ。
獣医さんとは10年以上のつきあきで、そこの動物病院に「外猫を手術したいけどどうしたらいいか・・・」
と相談があると、私に電話がくるのです(^^ゞ

Secre

カウンター

プロフィール

きらちろママ

Author:きらちろママ
東京在住

きらら

kirarayokogao.jpg

ちろろ

tiroyokogao.jpg

とらっち

torasyoukai.jpg

最新記事

最新コメント

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる