新潟弁講座 その2

DSC_0437.jpg
火曜日 まだ肌寒い朝7時頃 自宅を出て 新潟に行ってきました
実家の片付けは ちょこちょこやっていたのですが 売却するにしても取り壊すにしても 家具類は全部搬出しなければならないので 廃棄物処分業者を頼みました

誰も住んでいない実家は もう実家ではなく いつも近所に住む叔父宅に寄るのですが 片付けに来たというと 
叔母が「ここんとこ 日中は ばーか あっちぇあんだて~ しゃっこいがんでも飲んでいかんか」
通訳しますと「このところ 日中は とっても 暑いのよ 冷たいものでも飲んでいきなさいよ」
『ばーか』というのは 『馬鹿』ではなく 『とても』とか『非常に』という意味で 「ばーか ごうぎな結婚式だった」とか 「ばーか ごうぎ雨が降って」というような使い方をします



IMG_7492.jpg
実家裏は 小さいながらも田んぼがあって 風通しはいいし 春はカエルの鳴き声がうるさいくらい
菩提寺も見える近さで お墓もここにあります

感傷に浸る間もなく 業者が来て搬出を始めると 近所の人たちが来るわ来るわ
これもらっていってもいいか?あれも持って行っていいか?と聞くので なんでも持って行っていいよ~というと 包丁立てごと包丁を持っていく人がいたり 鍋や電気ポット カーペットや座布団 テーブルからはしごから あげく爪切りまで ご近所の人たちの手に渡って うれしかったけど 業者が戸惑って 結局夕方までかかってしまいました

さらに 母が残した和服で 訪問着などは 母が高齢者住宅に入る前に 形見分けのように ほとんど差し上げていたのですが それでもまだ 着物や羽織が70~80枚もあって ゴミにしてしまうのも忍びなく きらちろママの自宅に送ろうと段ボールに詰めていたものまで 業者に持っていかれるというアクシデントがあり すぐに電話して引き返してもらいました
大島紬らしきものが あったのよ

ご近所の人たちは きらちろママが帰ろうをしていると 「今 畑で採ってきたナスときゅうり 持っていかんか」と持ってきてくださったり 「寄ってお茶でものんでいかんか」と迎えに来てくださったりしたのですが 「また今度来た時に 寄らせてもらいます」というと 「なじょーも そうしてくだっさい」と 手を取ってお別れするくらい 情が厚く また帰って来ようと思わせてくれる故郷でした





IMG_7317.jpg
この日は 帰宅したのが夜10時半過ぎになって 長時間留守にするになることもわかっていたし 猫部屋は老猫ばかりで 一度にたくさん食べられなくなってきているので ご飯はいつも置いておきます
みー婆ちゃん「どっちのフード食べようかな~」


IMG_7319.jpg
みー婆ちゃん「お水 飲もうっと」
みー婆ちゃんは 食欲もあって カリカリもちょこちょこよく食べるんですよ


IMG_7332.jpg
ただ置き餌の弊害が ここに…


IMG_7509.jpg
とらっち 悪いことをした自覚があるときは 爪とぎの後ろで爪を研ぎます


IMG_7507.jpg
と~ら~ 猫部屋のご飯を食べたり トイレを使うと怒られるのでわかっているんですが


IMG_7508.jpg
とらっち「ボクは なにもしていませんにゃ」
新潟弁で言うと おごっだんだて~


IMG_7527.jpg
新潟弁の第二弾はないかな…と思っていたけど 思い出してよかった
でも これで いっちょさけもーした
童話や民話の最後は『めでたしめでたし』で〆ることがありますが この言葉も 『はい これでおしまい』というニュアンスでしょうか





スポンサーサイト
カウンター
プロフィール

きらちろママ

Author:きらちろママ
東京在住

きらら
kirarayokogao.jpg
ちろろ
tiroyokogao.jpg
とらっち
torasyoukai.jpg
最新記事
最新コメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる