カウンター
 
プロフィール
 

きらちろママ

Author:きらちろママ
東京在住

きらら
 
kirarayokogao.jpg

2005年3月13日BD 男の子

ちろろ
 
tiroyokogao.jpg

2005年3月13日BD 女の子

とらっち
 
torasyoukai.jpg

2011年4月頃BD 男の子

カレンダー
 
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
 

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム
 

 

2017年06月29日(木)
1年3ヶ月

 
20170629 5
とらっちがバリバリしていた新しいポール爪とぎは 他のコも気になって


20170629 4
強風に立ち向かっているような耳になっているきらら


20170629 6
おもちゃにもちょっかいだして ひとしきり遊んだ後は


20170629 7
何故か まったりモード


20170629 8
選手交代の瞬間


20170629 9
ちろろも頑張る


20170629 10
下から上まで ズズズイーッと ひと通りバリバリして


20170629 11
上に昇ってみようかな…


20170629 12
やっぱり やめました

この前のボロになった太い爪とぎポールは どのくらい使ったんだろうと 過去の記事を探したら 昨年の3月29日の記事になっていました
1年3ヶ月で ボロボロというか もっと前からボロっちくなっていたので きらちろ家は 1年くらいしかもたなかったんです
大きな爪とぎは 廃棄するときに粗大ごみ扱いなので 面倒なんですよね
それで このポールなら 長持ちするだろうと思って買ったのですが 結局 1年ごとに買い替えか…


おまけ
20170629 1
こちらは ブラッシング嫌いなため 長持ちするコーム


20170629 2
膝に乗ってきたところを すかさず こんな持ち方で ブラッシングするので


20170629 3
気分は 琵琶法師
奏でる音は ベンベンではなくて ギャーギャー


スポンサーサイト
 
 

2017年06月27日(火)
これでどうですか!

 
20170627 1
とらっち「こんなボロの爪とぎで どうやって研げばいいんですかにゃ」
ボロっちぃ爪とぎの前で 抗議の座り込みをするとらっち


20170627 2
ちろろもやってきて 恨みがましい目つき


20170627 3
ちろろ「猫草は 豆苗で我慢しても この爪とぎはないわよね~ ひどい飼い主よね」


20170627 4
ちろろに抗議のフテ寝までされたので 買いますよ 買えばいいんでしょ


20170627 5
ということで じゃ~ん 新しい爪とぎがきました


20170627 6
設置場所ではないのですが とりあえず置いたら さっそく感触を確かめるとらっち


20170627 11
下のほうをバリバリしていたかと思ったら


20170627 7
にょ~んと伸びあがってみたり


20170627 9
楽しそうで 買ってよかった


20170627 8
しかも 前ののはおもちゃが付いていなかったけど これはおもちゃ付き


20170627 10
おもちゃでも遊んでいる こんなポーズも見られて 飼い主も楽しいよ~




日曜日に 母の納骨を済ませました
朝6時半に家を出たときは 結構雨が降っていたけど 新潟は暑くもなく 雨も降らずに お寺の本堂で読経していただいて 外にでたときは 納骨日和だね~なんて言っていたのに まさに納骨し始めた瞬間 大粒の雨が降り出して 母はこのお墓に入るのが嫌なのかと思いました
でも ここしかないんだから…と 娘の私が引導を渡して 納めてきました(笑)

お斎の席もしんみりすることなく 賑やかに呑んで食べて お開きになったのですが その後 実家のご近所にご挨拶周りして 帰宅したのが 午後10時
それから 自宅ニャンズのご飯 外猫と別館ニャンズの見回りやお世話に行って 自分の夕食にありつけたのが 日付が変わる少し前というハードな一日でした




 
 

2017年06月25日(日)
再々生不可

 
20170625 1
猫草をあまり買ってあげていなかったので 再生豆苗が育つのを待ちました


20170625 2
何度もベランダに出て 確認していたとらっちが一番乗りだったのですが こんなときは きららも目ざとい


20170625 4
二人がむざぼり食っていれば


20170625 5
当然 ちろろも割り込んできますよ


20170625 6
とらっちの顔を見ているだけで 美味しいのがわかりますよね


20170625 8
ちろろは 蝶よ花よと育てたつもりだったけど この大胆な食べ方


20170625 9
きららは 豆苗を抜いて 口まで運んであげないと食べられなかったのに 待ちきれないのか 自分でも食べようと必死


20170625 11
ひと息ついたようなので 猫部屋のみんにゃにもおすそ分けしたつもりだったけど…


20170625 12
とらっち「あっちの豆苗も 美味かったにゃ」


20170625 13
そして・・・この残骸
貧乏きらちろ家 最低でももう1回 できれば 再々々生くらいまで もたせたかったのになぁ
水を与えて 陽当たりのいい場所に置いてみたけど 伸びる気配なし



 
 

2017年06月22日(木)
悩み相談 その2

 
20170622 7
久々 別館のグレちゃん


20170622 1
15年も外猫だったのに ブラッシングが大好きで


20170622 2
もっとやって~の催促ポーズ


20170622 3
手足のシマシマがなければ ロシアンブルーと間違うほどの毛並
グレちゃんは まだほっそりしているからいいんですが・・・


20170622 6
こちらも ブラッシングが大好きで 17歳とは思えないほど 毛艶もよく


20170622 4
目つきもキリッとしていて アビシニアンと間違えそうなシマちゃんなんですが


20170622 10
この体形を見たら 誰がアビシニアンと間違えるでしょうか


20170622 5
アザラシと見間違えることはあるかもね


20170622 12
ジロちゃんは どこから見ても キジトラですね


20170622 9
ヒロミちゃんも 純血種ではなさそうな


20170622 8
猫種はどうでもいいんですが この体格ですよ

悩み相談はここからで みんにゃ この体形を どうにかならないもんでしょうかね
別館は きらちろママが 基本的に1日1回 1時間ほどお世話にいっているのですが このコたちを保護するときに 合鍵を渡している人がいます

ヒロミちゃんの飼い主さんが入院中に3年半も ヒロミちゃんのお世話をしていた方で 20年くらいの間に 300匹以上もの外猫を自費でTNRしてきた尊敬できる方なのですが…

御年82歳のお婆さんで 猫は好きなものを好きなだけ食べさせるという方針なんですよ
いくら きらちろママが買い置きしているフードにしてねとか 缶詰は半分ずつとか いろいろ指示はだしたのですが 自分で買ってきたフードをどっさり食べさせているようで 日々体形が進化していく猫ズ
しかもニャンズは シーバとか かつお節とか おやつをフードボウルに てんこ盛りされたら 黙って見ているわけないですよね

きらちろママが来られないときだけお願いしますねと やんわりお断りしたこともあったのですが 「大丈夫ですよ~毎日2回くらいしか来られないけど」と元気ににこやかにご返事くださって もうなんにも言えなくなりました
ニャンズの健康のために なんとかしたいのよ~

でも 本館にも こんな体形の猫がいるから ご飯だけの問題でもないんでしょうね

PS: 写真が きれいに撮れないのは スマホのレンズが汚れているからだと思っていたら キズだらけだったわ












 
 

2017年06月19日(月)
怠惰なきらら

 
20170619 1
珍しく細いポールで爪とぎをするきらら
ぶっとい爪とぎポールは大人気で みんにゃで爪とぎをするので スゴイことになっていますが スルーして~

20170619 2
きらら「たまに この感触もいいんだよ~」


20170619 3
いつもぶら下がっていボールをスンスンしたりして 陶酔だったけど


20170619 4
ふと我に返って 走り去る


20170619 5
どこに行ったのかな~と思っていたら 枕の上にいました


20170619 6
きらら「ここで昼寝しようかな」


20170619 7
きらら「えっ? ここはダメなの?」


20170619 8
きらら「ったく しょうがないなぁ」


20170619 9
きらら「じゃぁ どいてやるよ」


20170619 10
ドテッ


20170619 11
きらら「ここもダメなの?」


20170619 12
ゴロ~ン


20170619 13
ゴロ~ン


20170619 14
ゴロ~ン


20170619 15
あまり動いていないようだけど ゴロンゴロンしながら移動するきららなんですよ


20170619 17
今日は 爪とぎしただけでもよかったけど 食べるだけ食べて この運動量では 体重とか病気とかボケとか いろいろイロイロ心配だわ
今さらですけどね




 
 

2017年06月17日(土)
悩み相談 その1

 
20170617 1
5年半ほど前に 今のマンションに引っ越してきたのは ご存知の方も多いのですが 当時猫用のアパートを借りて暮らしていたみー婆ちゃんたちといっしょに暮らすためで きららたち3匹とみー婆ちゃんたち5匹の成猫が すぐに仲良くなんてできないだろうと思って リビングに続くこの部屋を 猫部屋にしたんですよ
数週間は きらちろママが出入りする以外は 扉を閉めたままだったのですが


20170617 3
顔合わせだけでもしておいたら いずれ交流するようになるかと思って 使っていない室内干し台を垣根のように 設置したんです
キジオに限らず 当時から 垣根越しに出入りしているコもいましたけどね


20170617 2
特に 1年前にキジオが来てからは あまり意味のない垣根になっていたし


20170617 6
最近は みー婆ちゃんは リビングにいることが多くなってきたし


20170617 5
おねえちゃんナナオも ここで爪とぎしていたり


20170617 7
交流というほどではないけど こんな4匹がフレームに収まるくらいの距離まで近づいて いい光景だな~と思っているのですが…


20170617 8
コイツがね…


20170617 9
あっ 違った キジオのことじゃないよ


20170617 4
コイツがね猫部屋のトイレを使ったり 老猫用に置いてあるフードを食べるんですよ


20170617 10
とらっち「ボクが何をしたと言うんですかにゃ」


20170617 11
とらっち「みんにゃ仲良くしてねって いつもママが言っているじゃないですかにゃ 垣根は 取っ払っえばいいですにゃ」

取っ払いたいのは やまやまなんだけどね~
もう一つ 取っ払えない要因は ナナオがテリトリー意識が強いのか 猫部屋に きららとらっちが入って行くと ときどき襲うんですよ
どうしたもんじゃろうかのぉ…


 
 

2017年06月14日(水)
またたび癖が悪くてね

 
20170614 1
日曜日に観に行った写真展のことを速報でお伝えしたかったので 話しが前後しましたが 土曜日の夜のこと・・・みー婆ちゃんが 動くとらっちを 目で追っているのですが 寂しそう
みー婆ちゃんの 枕やベッドになってくれるお膝の人が ボウリング部の合宿とかで 2泊3日で軽井沢に行っていて 留守だったのよね


20170614 2
ままたび~るあげるから 元気だして~と言っても 全く興味なし



20170614 3
興味津々だったのが こちらの面々で


20170614 4
きららの急所を噛んででも 取り上げたいとらっち



久しぶりのまたたびにテンションアップのとらっちと 残り香でも酔っぱらうきらら
(テレビ音が入っています)


20170614 5
ちろろも ニオイを嗅ぎにきて


20170614 11
残り香で酔っぱらう



きららが楽しんでいるところに おねえちゃん乱入
この2匹は 実の母子なんだけど こんなときは 母でもなければ子でもない…されど 母は強し(意味が違うって)


20170614 7
こんな目をしていると やっぱり親子だなって


20170614 8
きらら「そうかな?」


20170614 10
毛色の配色の影響もあるのでしょうけど アンヨがどうなっているかわからず

まったく またたび癖の悪い連中で困りましたよ~
元気に遊んでくれたら それでいいんですけどね

ところで 当のみー婆ちゃんは ほんとにダンナの留守がストレスになっていたのかどうかわかりませんが 日曜日に血尿がでて 膀胱炎だろうと思ったので 月曜日の朝一で病院へ…とりあえずコンべニア皮下注射で落ち着いています







 
 

2017年06月12日(月)
写真展と試食会

 
20170612 1
毎年恒例となっている 1000人の写真展を観てきました


20170612 2
1000人の中に 「ネコバカわっしょい」という35人の面々が 猫写真で埋め尽くしていました



20170612 4
マルゴーちゃん めっけなんて 独りで微笑んでいたら 飼い主のCAT.さんに 声をかけられて お話ししながら鑑賞できました


20170612 5
まさぽんさんちのキジコちゃんは ビックリお目々が可愛いんだけど 何にビックリしていたのかな~なんて 想像しながら見るのも楽しいです


20170612 6
まちゃこさんちのムーちゃんは ササミが好きなのね


20170612 7
ほんなあほな。さんちのゴンザレス・百億くん 一番高いとことに展示されていたので 上手く写真が撮れなかったけど 優しいハートの持ち主ってことが よくわかる写真でしたよ

他にも ブログで会っているニャンコがたくさんいて 楽しかったです

20170612 8
会場にいらした ネコバカわっしょいの取りまとめ役のRivendellさんにもお会いできて 缶バッジまでいただきました



20170612 9
そして 帰宅すると モンプチピューレのサンプルが届いていて


20170612 11
さっそく試食会


20170612 10
ハート型から 顔を出して食べさせて 一人で写真を撮るのは むずかしい…こぼしちゃったし


20170612 12
モンプチに気兼ねしている場合じゃない・・・好きなように食べてもらいましょう


20170612 13
ちろろが食べている間 ふと見たら 舌を出したまま 待つとらっち


20170612 14
お得意のペンギン立ち


20170612 15
きららが食べている間は 控えにまわるちろろ
でも ちゅ~るだったら こんなにおとなしく待っているはずがないんです


20170612 16
マンゴー入り パンプキン入り アップル入りの3種類が送られてきて アップル入りを3匹で 1本食べてみて 嫌いな味ではないけど やっぱちゅ~るには敵わない…という印象でした

モニターじゃないから こんな感想はいらないのかもしれないけど そもそも猫にスィーツなんてジャンルが必要なのかなぁ



 
 

2017年06月09日(金)
みー婆ちゃんの好きな場所

 
20170609 1
最近 みー婆ちゃんネタが多いのですが きらちろ家最高齢17歳の婆ちゃん猫がおもしろくてね


20170609 2
タワーの巣箱がお気にいりのようで ここは前からよくいる場所なんですよ


20170609 6
陽が射してくると 巣箱からでて日光浴


20170609 5
まるで置き忘れたモップのようですけどね


20170609 4
陽が落ちると また巣箱に戻るので ついデリバリーしてしまいます


20170609 3
そして ダンナが帰ってくると ラヴラヴタイム


20170609 7
みー婆ちゃん 自分から股ぐらに入っていって うっとり


20170609 8
みー婆ちゃんだけだよ~ ダンナの帰りを待っているのは…



20170609 9
ちなみにとらっちのお気に入りの場所は 冬場テーブルを置いて布団を掛けていた簡易コタツの敷物


20170609 10
寒い時期は 3匹で混雑していたのに 今はのんびりできていいね~


おまけ
20170609 11
「バベルの塔展」だけは なんとしても行きたいんだが・・・







 
 

2017年06月06日(火)
ニャパネット きらら・・・不発

 
20170606 1
さっ 皆さん 本日ご紹介する商品はこちら


20170606 2
相変わらずブラッシングが嫌いな猫さんの話しは よく聞きますね
でも この商品なら 皮ふの弱い仔用なので 優しくブラッシングできて 


20170606 3
あっという間に こんなに採れてしまいます


20170606 4
ブラッシングが嫌いなこんな仔も


20170606 5
抱っこしてあげてブラッシングすれば…


20170606 6
やっぱり嫌がる このイカ耳


20170606 7
箱に入っているときに ブラッシングをすれば 抜け毛の拡散防止にもなり 一石二鳥と言いたいところですが ムッスーな顔で


20170606 8
一目散に逃げたかと思うと バリバリ~


20170606 9
とらっち「ここまで逃げれば 安全だにゃ」


20170606 10
しかし コームは上からも襲ってくるのであった


20170606 11
とらっち「やめろにゃ~」


20170606 12
とらっち「攻撃は 最大の防御だにゃ」


20170606 13
とらっち「参りましたにゃ」

コームには負けましたが ブラッシングは断固拒否のとらっちでした

これに似た商品はすでに持っていて 別館で大活躍なので 新たに買ったのですが 「ニャパネット きらら」でも これは売れそうにもないので CMは中止だな
前のシリコンブラシの紹介のときは 買った人がいたとかいないとか・・・ 


PS: 前記事までにいただいたコメントのご返事が追い付きました
   遅くなってすみませんでした

 
 

2017年06月03日(土)
アクティブみー婆ちゃん

 
20170603 3
とらっち「このところ ず~っと遊んでもらっていないんだにゃ」


20170603 2
木曜日も 母が住んでいたマンションに行って 後片付けしていたし これから法要やら納骨やらの準備もあるし 仕事も山のように溜まっていて ヘロヘロなのよ ゴメンよ~


20170603 4
それじゃ ちょっとだけ遊ぼうか


20170603 5
ということで 少しジャラシを振って遊んでいたのですが 


20170603 6
遊び方を忘れてしまったような感じで 今ひとつノリが悪かったとらっち


20170603 7
そしたら なんと 近くでゴロンとしていたみー婆ちゃんが むっくり起き上がって


20170603 8
興味津々


20170603 9
まさかテーブルに手をかけて 立ち上がるとは思ってもいませんでしたよ


20170603 10
さらに ジャラシを追いかけて お手々をクイっとな




続きは動画で…
みー婆ちゃんの ダミ声が入っています



もう1本…予想外の展開に カメラが追い付かず



20170603 11
日中は 17歳のお婆ちゃんらしく 陽だまりでまったりしているのにね