09
2
3
5
7
16
17
24
27
29
   

とら・とら・とら

タイトルで 真珠湾攻撃を思い浮かべた方は
いらっしゃらないと思いますが 全く関係ございません

アクティブな猫サンをきれいに写真を撮る方も
いらっしゃいますが ジッとしている猫を撮っても
ブレてしまう お婆です

今日は たっぷりとらっちの雄姿を見ていただきましょう

torasugata.jpg

お見合い写真に使えそうですね 予定があれば・・・ですが

torasugata2.jpg

タワーは お気に入り

torasugara3.jpg

1歳半で ちょいとお腹がポヨ~

いかがですか 親ばかですが ちょいハンサムでしょ

しか~し ここで終わらないのが きらちろブログ

toranetto3.jpg

コソ泥~

toranetto2.jpg

しまった 見つかったか

torakomori.jpg

未遂でも チューちゃん子守の刑に処す
スポンサーサイト

病院&美容院

「古都日記」の湖兎子嬢が 耳に傷・・・の
記事を見て お痛ましい~と思っていたら
きらら

kira.jpg

こんなところが 傷っぽくなっていました

kiratiropero1.jpg

ちろろ看護師が ペロペロして治してくれるでしょう
とらっちも心配そうに・・・はしてないです

お返しに

kiratiropero3.jpg

きららは ちろろのヘアメイク

tironeguse2.jpg

tironeguse1.jpg

微妙に 塙さんっぽくないですか やらせじゃないですよ

kiratiropero4.jpg

後ろ足をパーにして 自己エステ中・・・

子守

鈍感が功を奏して・・・と言っていいのか
マフラーは喜んでしているし ネット被せにも付き合って
くれるきらら

nosegei1.jpg

こんな乗せ芸も披露してくれます(芸というほどのことは
ないですね

nosegei2.jpg

授乳

nosegei3.jpg

おぉ~よしよし みんないいコだ

nosegei4.jpg

子守は疲れるわ~

ちなみに きららは♂です

nosegei5.jpg

こちらは 昨年夏の ちろろの授乳

ちゃんと可愛がってもらっているように見えますが 
子供が ボロボロだ~

例のブツ

房総署員の贈賄に使った例のブツ

haibo-ru3.jpg

マシュマロボールというのですが 猫ちゃんたちがあまりに
ハイになるので 「まんまるMargaux」のCAT.さんが
「ハイボール」と命名してくださいました
(マルゴー様のハイぶりも楽しく紹介されていますよ~
 リンクから遊びに行ってね

haibo-ru1.jpg

我が子が ハイになりすぎて 「なんとかしてよ」と訴える
みーちゃん

haibo-ru2.jpg

母猫なのに 子供にボールを渡さない おねえちゃん
「早く自分の番が来ないかな」辛抱強く待っている
アップル

hoibo-ru2.jpg
カ・イ・カ・ン

haibo-ru.jpg

自分がボールのような メメちゃん

haibo-ru4.jpg

きららもめずらしくハイに・・・目が血走ってんじゃないの

かなりまたたびが強かったようで みにゃにゃん酔っちゃいました~
このあとベチョベチョになったので洗いましたが まだ遊んでいますよ
こんな怪しげなブツですが 闇取引したい方は鍵コメで

早っ!

土曜日は 秋の消防設備点検日でした
ピコピコとかウーウーとか 変な警報音がするし
知らない人が 部屋をウロウロするし 年に2回くらいじゃ
慣れることはないですね 

とらっちは この窓辺がお気に入りで 

toramadobe2.jpg

目つきは悪いですが 普段はこんなかんじで寛いでいます

toramadobe.jpg

点検のおじさん3人が帰った直後 
息をひそめて隠れてる~って、つもりなんでしょうね
いつもより 大きく見ているつーの
(窓ガラスにベランダの手すりなどが映り込んでしまいました)

そして やっと平和な日常に戻った午後

appurugohann.jpg

アップルがおもむろにご飯を食べ始めました

appurugohann2.jpg

これはおやつかな・・・そんな時間だ

appurutoire.jpg

お食事中の方 失礼します

appurusekomu.jpg

さて すっきりしたところで ニャコムに励むかな

appuruonemu.jpg

なんだか眠くなってきた

appuruhirune.jpg

あぁ~もう夢見心地ですね~

ご飯を食べ始めてから わずか10分 早すぎっ

箱入り息子

ブログを始めて1か月余り 毎日新鮮なネタがないので
去年の今頃 何してたかな~と
苦しいときの 過去写真頼み~

torahako2.jpg

昨年7月に保護したときに 生後3~4か月だったとらっち 
6か月くらいの この頃からちゃんと箱道修行させていれば ね~

torahako4.jpg

自分のシッポにビックリしているみたいでしょ
こっちも写真見てビックリよ 透けてる~

torahako1.jpg

ポーズは変だけど こんな可愛い顔することもあって
(たまには 親ばかさせて~

torahako3.jpg

どうなってんのってくらい 変なポーズだけどタマ○○
しっかり見えてますね~

toradeka.jpg

ティッシュ箱やさくらんぼの箱に入れた可愛いとらっち
今じゃ どえ~んなおおとら

修行の道は・・・

房総署の副署長蒼太氏は 箱道の家元でもあり
あの喧噪の中 一人静かに修行しておりました

souta6.jpg

厳しい修行のあと 床の間で寛ぐ蒼太氏
(寛ぐ場所も師匠と呼ばれるだけのことはある

蒼太氏の足元にも及ばないものの 我がきらちろ家でも
精神統一をさせようと試みたのですが

hako1.jpg

この落ち着きのなさといったら

hako2.jpg

まともな写真が撮れないじゃないかっ

hako3.jpg

仲がいいんだか 悪いんだか 


hakotora1.jpg

hakotora3.jpg

これも箱道

hakotora4.jpg

昨年夏の写真 とらっち小さかったね~

hakotora5.jpg

ぜ~んぜん 修行にはなってないけど 楽しそうだね~

房総で暴走 ~房総署ショー~

サブタイトルで 舌噛まないようにしてくださいね~

房総署は 見晴らしがよくて 署内にいても 管内の見張りが
できます


ryuunosukemihari.jpg

竜之介警部も いつもはキリリとした顔つきで しっかり見張りを
しています

先日の日曜日には お婆隊の乱入により 毒気に当たったか

tyoro1.jpg

このウール100%モフモフは誰でしょう

tyoro2.jpg

チョロ署長も ご覧のように骨抜き状態

souta2.jpg

繭玉じゃないですよ

souta1.jpg

蒼太副署長も 気が抜けたように・・・

ryuunosuke2.jpg

このかわいいお手手は

ryuunosuke3.jpg

竜之介警部でした~ 今日は 気が進まないってかんじ

kyoro1.jpg

おっ!このムッチリなオチリは

kyoro3.jpg

まあ、失礼なセクハラよ つぶらな瞳がキュートなキョロ婦警

そして 旅籠猫屋の女将は ご丁寧なお迎えをしてくださいました

dotami1.jpg

頭が切れちゃってゴメンネ ドラミ女将

dorami3.jpg

女将も休息が必要よね~

ryuunosuke1.jpg

またたびボールに狂喜乱舞の竜之介君 ディズニーのスティッチに
似ていませんか

たまちゃん・みにゃさんホントにありがとうございました
変な写真載せてゴメンね~楽しかったよ~また行くからね~

房総で暴走 ~海と箱道~

房総の海と空は とってもきれいで 東京では味わえない
空気がありました

bousouumi3.jpg

bousouumi2.jpg

bousouumi4.jpg

ミカ姉さんとたまらさんだよ~無断で顔出ししちゃった
ステキな写真は CAT.さんのブログで見てね (すぐ 振ってしまう

bousouhuukei1.jpg

bousouhuukei2.jpg

ミカ姉さん運転の車の中から見た風景が きらちろママの
田舎によく似ていて ウルッとしてました

そして いよいよ房総署兼旅籠猫屋兼箱道道場へ
(この長い漢字 中国語みたいだ~)

souta5.jpg

蒼太師匠 お婆隊の喧噪にもかかわらず 今日も箱道を
究めるために瞑想しています

soutahako2.jpg

soutahako1.jpg

一際神聖な道場へ潜入してみました
さすがですね~毎日こうやって修行を積まれているのですね

souta4.jpg

湖兎子さん 見てくれていますかボクは頑張っています

房総で暴走 ~お土産編~

日曜日 房総半島の とある所へ行ってきました
辻忠直さんという方のイラストの個展を観るためと
「ままたび一座」のニャンズに会うために

メンバーは 「猫日記」のゆきこさん・「ミカんシロップ」のミカ姉さん
「パラダイスカフェ」のたまらさん・「まんまるmargaux」のCAT.さん
「づるづる草 たまに4コマ」のとしこさん・「バルリンCLUB]の
emiさん&オトメさんご夫妻・きらちろママの総勢8名
(まだURLの貼りつけができません。ブログ初心者なのでお許しを
「またたび一座」のたまちゃんとご友人のエミさんも含めると
お婆隊9人男性1人・・・まぁ、賑やかなこと

さて 本編はさておき お土産紹介から~
これは 一番最後でしょというツッコミは聞こえない~
素敵な個展や楽しいニャンズを早く見たい方は 
リンクのブログを巡ってみてくださいね~

まずは としこさんから
omiyagetosiko.jpg

手作り水無月ですよ~先月にも 食べさせていただいたのですが
スッゴクおいしくて いつか丸かじりしてみたい・・・とお願い
していたら 作ってきてくださいました~ 抹茶に小豆 
美味しかったです~

続いてCAT.さんから
omiyagecat.jpg

写真の撮り方が下手で 上手くご紹介できず残念ですが
フォークが刺さった 一口ケーキなんですよ
もう少し 目で楽しんでからいただきますネ

emiさんからは
omiyageemi.jpg

こんな可愛いタオルハンカチ(ラッピング袋も可愛いの)と
ハンカチの下にあるのは きれいなクリスタルストーン

ゆきこさんからは
omiyageyukiko.jpg

猫パパさんの韓国土産のパック いつもたくさんいただいていて
もっと美しくなっていてもよさそうなのにね~

ミカ姉さんからは
omiyagemika.jpg

猫用フードとおもちゃ 隠しておいたのにとらっちが見つけて
一人で遊んでいました~

そしてそしてたまちゃんからは
omiyagetama.jpg

お邪魔して 大騒ぎした上に お土産までいただき恐縮です~
早速 ナスは定番の焼きナスにして ピーマンはチリメンジャコといっしょに
甘辛炒め煮にしました~ピーマン柔らかくて ナスも新鮮で美味しかったです

みなさん ありがとうございました ちょっと持っていったお土産が
わらしべ長者のように たくさんいただいて帰ってきました

おまけに自分で買ったお土産
omiyagejibunn.jpg

ぴーなっつ最中はたまらさん・のりまる君はミカ姉さんご推薦

そして今 ~総集編~

サブタイトル 大げさです

猫部屋から見える景色は こんな感じです

huukei1.jpg

huukei2.jpg

木々の間から空が見えて 朝は小鳥 昼はセミ 夕方はカラス
夜は虫の声が聞こえて 遊歩道があるので ウォーキングや
犬の散歩をする人がたまに見えるくらい 猫にとっては
住みやすい環境ではないかと思い ここに決めました

nekobeya.jpg

上から みーちゃん おねえちゃん メメちゃん 三世代ですね

nanaotoappuru.jpg

向って左が ナナオ みーちゃんの子供です
向って右が アップル おねえちゃんの子供です
こちらは 半年しか歳が違わないけど 叔父甥の関係ですね

kiratiro.jpg

そして きららちろろ アップルと三兄妹だったのですよ
ここまでが 本来のみー一族なんですね~

tora.jpg

最後の紹介は 言わずと知れた とらっち
とらっちは 昨年別の場所で保護したコなので みー一族とは
縁もユカリもありません 

人2人に猫8匹・・・完全に猫に支配されている我が家です

しかし これまでの話しは 何分にもご内密にお願いします
何故なら ここはペット可マンションですが ペット細則で
二頭まで・・・ということになっているので
もしも たくさんの猫が見えても それは幻覚ですから~


来週からは また日々のたわいない出来事を 記事にできるか
できないか

夢は叶う ~合流~

み一族といつか一緒に暮らせる日が来るといいな~
一緒に暮らさなければ・・・と 漠然と考えていたのですが
具体的な目途も方策もなく その日その日を過ごしていました

そんなときに 自宅マンションの裏に6階建てのマンションが
建つことになり 引っ越しの大義名分ができました

でも 場所や間取りや予算が スリーセブンのように並ぶ物件なんて
そんな簡単に見つかるわけもなくて
焦らず時間をかけて探しましたよ ネットで検索したり オープンルームを
見に行ったり 不動産屋に声をかけておいたり

そしてついに みー一族と出会ってから7年余り 家に入れてから4年4か月で
待望の同居と相成りました

nekobeyakotatu.jpg

nekobeyakotatu2.jpg

引っ越したのが12月だったので ホットカーペットの上にテーブルを
乗せただけのコタツ
みんなで潜っています

mi-totora.jpg

猫部屋を確保することが家探しの最低条件でしたが みー一族の部屋に
我が物顔で出入りするとらっち
引っ越してすぐに大規模修繕が始まり 足場が~

ウチ猫3匹とみー一族は ときどきシャーは言いますが 
取っ組み合いなどはしません
でも 念のため部屋は別にしています

いずれは 猫部屋の仕切りも取っ払えたらいいな 

ようやくここまで来ました 
念じればいつかは通じるものだと・・・
そして 応援してくださった方 猫部屋引っ越しを手伝ってくださった方 
感謝してもしきれません

今になってみれば 嫌がらせをしていた人でさえ この道筋を
つけてくれたのではないか・・・と思っています


家の中で大切にされているコ
外にいてもご飯をもらえて 雨風凌げる所を知っているコ
それすらできずに 旅立ってしまうコ
同じ猫なのに なにが違うんでしょう 猫のせいではないのに
運命と言ってしまえばそれまでですが・・・

もしも ほんのちょっと人が手を差し伸べることで
運命を変えることができたら
ほんのちょっと幸せな方向へ 舵をとってあげることができたら
そんな気持ちで いつも猫たちと接しています

長い話しにお付き合いいただきありがとうございました    おしまい

ボケないうちに書けてよかった~
補足したいことを思い出したら また記事にしますね

みー一族 ~民族大移動に向けて~

3年近く 嫌がらせと闘い ピリピリしながらの餌やりや
感染症の心配にもピリオドを打ち 見物人が出るほどの
捕り物の末に家猫になったみー一族

平成20年2月に小さなワンルームマンションに引っ越した後も
仲良く落ち着いて暮らしてくれて ありがたかったです

仕事帰りにお世話に行くきらちろママも 
狭いながらも 楽しい我が家~なんて 鼻歌がでてしまうほど

mi-nakamurabasi.jpg

こうやって ご飯を食べてくれると 今日も一日元気でいてくれてよかった
と 安心します


でも 猫だけで暮らしているなんて 普通のことではないですし
きらちろママに万一のことがあったら このコたちのことは
しばらく忘れられてしまうかもしれない・・・という不安はありました

mi-nakamurabasi2.jpg

また 精神的な安定が得られると 寂しさがついてきてしまいます
 
「また あした」で終わる今日 ずっーと一緒にいれたらイイネ
Every Little Thingの 「また あした」を歌って帰ってくる日々

mi-nakamuranasi3.jpg

こんな成猫になってからの里親探しなんて 余程の事情がない限り
不可能に近いんじゃないか・・・だったらホントにいつか一緒に暮らそうね

mi-nakamuradasi4.jpg

こんなお部屋で暮らしてましたー あと1匹は布団に潜っています

そんなときに 自宅マンションの裏に 新築マンション建設の話しが
飛び込んできて・・・広い駐車場だったから陽当たりも風通しもよかったのに

そんじゃーこれを機会に みー一族も一緒に暮らせる家を探そう
自宅もみー一族もいっしょに 民族大移動するぞー

もう少し続く

みー一族 ~引っ越し~

矢も尽き刀も折れたきらちろママでしたが 気持ちが
折れることはありませんでした

何故ならば 話しを端折ってきたら肝心なことを
すっ飛ばしてしまったのですが

きらちろは 三兄妹でそのうちの1匹を外においてきてしまったからです

hujimidaiappuru.jpg

アップルといいます
名前の由来は きらちろを保護して里親が見つからなくて 
ウチ猫にしたときに 先代猫もいましたから もう以上は無理
と判断し 「ウチはもうアップアップなの、ごめんね」とアップじゃ
かわいそうなので アップルに(どっちでもよかったかな~


それと 緊急避難のために 空きマンションや不動産屋を教えてくださる方や
そのマンションを借りるために保証人になってくださった方もいて
家猫にするための捕獲のときは 別の捕獲現場で知り合った方が捕獲器を
持って応援に来てくれたり
アパートの敷地を管理する区の担当者が 夜9時過ぎにもかかわらず
捕獲の邪魔をされないように見守っていてくれたり
(空き家になったアパートの敷地に入る許可をもらいにいったので)
ちょっとした捕り物でしたね~
とにかく 応援してくださっている人もいて くじけるわけにもいかないですよ

マンション暮らしを始めて いつ行ってもみんないるし 誰にも邪魔されず
ご飯もゆっくり食べさせられるし パラダイスでしたよ

でも ここでは仕事帰りに自転車で30分近くかかり 台風のときはびしょ濡れになり
家賃も高くて 通帳とにらめっこの日々・・・自宅に引き取るのが一番いいけど
5匹も無理だし 自宅を引っ越すにもローンが残っているし

で 半年で引っ越すことに~
結局 また猫だけで暮らすことになりました

nakamurabasi1.jpg

nakamurabasi2.jpg

nakamurabasi3.jpg

今度は 近くて安くて 猫たちには狭くてかわいそうだけど 陽当たりもいいしネ
またしばらく我慢するんだよ 毎日必ず来るからね

ということで また次回につづく

みー一族 ~外から内へ~

地域猫として認めてもらうためには 行政のアドバイスを受け
力を借りて 近隣の方々にご理解いただければ・・・と考えて
区役所に行きました
当時は 地域猫ボランティアの制度もなかったのですが
何か知恵を授けてもらえるのではないか・・・でも甘かった
「担当者がいない」と追い返されたので 知り合いの区議に電話
してもらったら 担当課長が議員控室にすっ飛んできましたよ
議員ってスゲーって初めて思いました
でも そこまででしたね
 
話しは進展せず 却って不運なことに その都営アパートが取り壊され
区営アパートに建て替えられるという話を聞きました

改築工事が始まれば 猫たちにとってご飯を食べる場所も遊ぶ所も
なくなり 一族離散の憂き目に・・・なんてことを考えたら居ても
たっていられなくなりました

アパートの方々が順次引っ越していき きらちろママだけになると
嫌がらせはさらにエスカレートしていって 猫ハウスは壊されるし
水だけでもおいておきたいのに 器は毎日持っていかれるし
餌やりに行くと110番通報されるし・・・精根尽き果てました

nanao.jpg

猫だって落ち着かないですよ 
このコはナナオ 7番目にみー一族に加わって てっきり女の子だと思い 
ナナちゃんって呼んでいたら 不妊手術のときに獣医さんから男の子だよ
って聞かされて 急遽ナナオ


そこで このコたちを家に入れようと決心しました
緊急避難措置としてマンションを借りて 猫シェルターにしました

 
nanao appuru

初めての家暮らしでしたが 一族揃ってだったので
徐々に落ち着きを取り戻し

oneetyannbeddo.jpg

猫日記のゆきこさんが こんなステキなベッドやおもちゃやフードを
もってきてくださって ありがたかったです~

ただ ここのマンションは遠くて家賃も高くて・・・

次回につづく

みー一族 ~閑話~

平成16年の夏に出会ったみー一族でしたが その数に驚き 
このままだと大変なことになる 不妊手術をしなければ・・・と思いました

でも当時はまだ 外猫の捕獲なんかやったことがなくて
どうすればいいんだ~と途方にくれていました
区役所や保健所に聞いても埒が明かず・・・当時のNE区役所って
地域猫って言葉すら知らなかったのですよ

動物愛護協会などの団体に電話シマクリーノ・
ネットで検索セニョリータ・情報シイレビッチ・・・
もう外国人になっていました

たどりついたところが 日本捨猫防止会という団体で 捕獲器を
持った会員も比較的近くにいるとのことうれし涙です

ただ年末も押し迫り 外国人になっていた所為で仕事が溜まり
捕獲・手術は翌平成17年3月になりました


この間に 受難は続くもので 中越地震があり 震源地から数㎞の
ところにある実家が被災していまい 週一ペースで物資を持って被災地に
行き 帰りは洗濯物を持って帰京し また物資と洗った衣類を持って
避難先に行き・・・の繰り返しで 平成16年の年内はヘロヘロでした

さて いよいよ捕獲となりましたが とても写真を撮っている余裕はなかったので 
イメージ画像でお楽しみください

hokaku1.jpg

hokaku3.jpg

hokaku2.jpg

このコたちは みー一族ではありませんが 今年の6月にきらちろママが
捕獲のお手伝いをして 不妊手術をしました


みー一族6匹の手術も無事終わり 地域猫として認めていただきたかった
のですが 近所に猫嫌いの人がいたのですね~

猫も私も 身の危険を感じるようになり 一難去ってまた一難
さて これからどうするか・・・

次回につづく

あまり楽しい話しではなかったので 6月の捕獲の際に保護した仔猫の画像を

hogoneko1.jpg

hogoneko2.jpg

hogoneko3.jpg

ピンボケですが 仔猫特有のフワフワ感が伝わりましたか

みー一族 ~外猫編その2~

自宅にスキャナーがないので プリントしてあった写真を
急遽カメラで撮ってみましたが ピンボケ続出~

sotonekozenninn.jpg

9匹見かけた猫たちでしたが 子猫2匹はすぐにいなくなり
成猫1匹も 旅に出たようでした


sotonekooneetyan.jpg

この猫の名前が何故おねえちゃんかというと

sotoneko3huki.jpg

おねえちゃんが みーちゃんの子供だとしたら 歳は違うけど 
こんな弟や妹がいたからです
シャイな子たちで 顔出しNG 撮れなかっただけだってば

この写真から 5か月くらい後にこの子たちも不妊手術を
したのですが それから更に5か月くらいして この付近に
伝染病が流行し 全員感染してしまいました
「パルボウィルス腸炎」のようでした
病院で抗生剤などをもらって ご飯に混ぜたり ささみや
まぐろにつけて服用させましたが 生命力のない子は
助けてやれませんでした 本当に悔やまれます

sotonekotabi.jpg

sotonekotabimeme.jpg


それでも こんな可愛い姿を残してくれて ありがとうごめんね

次回につづく

みー一族 ~外猫編その1~

さぁ そろそろみー一族のお話しを始めましょうか

それは 今から8年前 梅雨明け間近の蒸し暑い日でした
前に住んでいたマンションから ほんの数十mの所にある
都営アパートの敷地に数匹の猫を見かけました

あとから聞き取り調査(井戸端会議での噂話)によって
判明したことですが みーちゃんという猫が アパートを引っ越す人に
捨てられたそうです

mi-.jpg

これが みーです

アパートの人たちが 世話をしていたようですが 当然避妊手術などしていません
何年の間に どのくらい出産したのかもわかりませんが 成猫子猫を合わせて
この猫の子供と思われる猫が 6匹くらいいました

さらに みーちゃんの子供と思われる成猫が 子猫を連れていて その数3匹

oneetyan.jpg

みーちゃんの子供と思われる おねえちゃんという名前の成猫

おねえちゃんが連れていた子猫は 2匹はすぐに見当たらなくなり
たぶんどなたかが 家猫にしてくださったのだと・・・ 思いたい

残った1匹が

meme.jpg

メメちゃん もうかなり大きくなってからの写真
それにしても デブ過ぎ


(外猫時代の写真は 少ししかなくて 紹介しきれないコもたくさんいます)

こうして運命の出会いをしてしまった猫たちに アパートの人たちと一緒に餌やりを
始めて 翌年 一斉に避妊・去勢の手術をしました

ただ そのときに おねえちゃんから産まれたばかりの まだ見ぬきらちろ
いたのです
おねえちゃんを避妊してしまうと お乳が出なくなってしまうので 
おねえちゃんは その後 しばらくして 避妊手術をしました

きらちろは おねえちゃんによって 近所にあった廃屋で 大事に育てられていました

次回へつづく


ご訪問 ありがとうございますユルユルの更新ですので たまーに覗いてみてください

ニャコムしてますか

世の中には しっかりニャコムしている猫さんもいらっしゃいますが
 
とらっちも何か見てますね
toranyakomu1.jpg

ちょっと凛々しい顔に見えませんか

toranyakomu2.jpg

ピンボケは きらちろママのせいで ボクはしっかり
ニャコムしてますにゃ


toranyakomu3.jpg

何もなくて 誰もいなくて 飽きちゃったって?

toranyakomu4.jpg

それにしても この寝相はどうよ

晩年のポンときらちろ

ポンのことを もう少し記録しておきたいので
スルーしちゃってくださいね

高校卒業と同時に親元を離れた私にとって 19年余り暮らしたポンは
親より長く一緒にいた訳で 苦楽を共にした家族というか同志でした

猫の捕獲や保護の手伝いで子猫を連れてきても あまり嫌がらずに
普通にしていてくれたのもありがたかったです

晩年の写真を見ると きれいに毛が生え揃っていますが 皮膚病でツルツルに
なっていた時期もありました
ずいぶんあとになって検査でわかったことですが まぐろ・かつお・チキンなどに
アレルギーがありました
市販の猫フードはほとんど食べてはいけなかったのですね
アレルギーに気づいてからは 療養食にしましたが歳とともに症状も落ち着いて
この頃には すっかり市販のジャンクフード(?)を食べていまいた

ponnto2007.jpg


虹の橋を渡る3か月くらい前には 目がほとんど見えなくなって右半身に麻痺もでて
壁に寄りかかるようにして歩いていると 倒れないように反対側をきらちろ
寄り添ってくれました

ponnto2008.jpg

「ご飯にするから ポンちゃん呼んできて」というときらちろが寄り添って連れてきてくれました

きらちろも遊び盛りで ボールを追いかけて走っていても ポンにぶつかりそうになると 
前足を突っ張ってブレーキをかけていました

2009kiratiro.jpg

この飼い主にしては よくできたコたちだと思います
ポンちゃん ありがとうね

ポンの命日

明日 9月2日は先代猫ポンの命日です
平成2年6月に駐車場で鳴いていた2ヶ月くらいの子猫を保護しました
母猫とはぐれたのかと思い フードを与えて翌日外に出したのですが 
ウチのコになりたい・・・と帰ってきました

3歳くらいからヒドイ皮膚病になり 獣医に安楽死まで勧められました
動物病院を替えて 薬で症状を抑えながら19歳5か月近くまで
頑張ってきらちろの面倒までみてくれました

当時はデジカメでなかったので 仔猫の写真をアップできないのが残念です
スキャンすればあるのですが・・・

ponkira2005.jpg

まだ 子供のきららに何か教えていますね
「ここの飼い主 怒らせたら怖いんだぞー」なんて吹き込んでいたりしてネ

ponto2005.jpg

とにかく きらちろと仲良くしてもらって感謝です

ポンのお骨は ウチにあるのですが 火葬した哲学堂動物霊園には

kikutiyo.jpg

kikutiyo2.jpg

こんな子たちも 眠っています

カウンター

プロフィール

きらちろママ

Author:きらちろママ
東京在住

きらら

kirarayokogao.jpg

ちろろ

tiroyokogao.jpg

とらっち

torasyoukai.jpg

最新記事

最新コメント

カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる