FC2ブログ

ウチの猫も見て行って♡

みー婆ちゃんの四十九日といただきもの

20181029 1
みー婆ちゃんが虹の橋を渡って 29日でちょうど1ヶ月…少し早いけど 四十九日の法要をしてきました


20181029 2
きらちろ家は 5体すべて同じ動物霊園で火葬をしてもらっていて ここの霊園では 月に1回合同法要が営まれます
みー婆ちゃんに出会って14年…外にいた時は 大変なこともたくさんあって 保護してからの11年も ちゃんとお世話してきただろうかと 未だに自問する日々ですが 後悔ばかりが先立ちます


20181029 3
ウチはまだ全員納骨できずにいるのですが ここの霊園には こんな有名なコもいるし


20181029 4
合同墓地には 毎日お詣りの人が絶えず いつもお花や供物が置かれています

日曜日の合同法要は 四十九日の法要とそれ以外の法要に分かれていて 四十九日の法要には 100人以上の家族が参加していました
その中に 10数名の喪服の若者がいて 法要後塔婆を渡されるのですが 「早稲〇大学 地域猫の会 〇〇ちゃん」と呼ばれて この集団が大学の地域猫の会の人たちだとわかりました
この人たちがお世話をしていた猫が亡くなって みんなで法要にきたのね…と 思ったら 温かい気持ちになれました

どんな活動をしているのか 少しお話しを聞かせてもらいたいと思ったのですが きらちろママがこの後 仕事関係者のお通夜に行かなければならなかったので 後ろ髪引かれる想いで 霊園を後にしました



20181029 5
さて その前日 50万アクセス突破の人気ブログ 犬族・猫族・大家族のなっつばーさんから こんなたくさんの贈り物がありました
キリンラーメンが横向きですが


20181029 6
パッケージ正面は こちら…
郷土愛の強い きらちろママが 新潟の新米を少し送ったら 郷土愛なら負けませんと 愛知県名産の美味しいものや珍しいものばかり…
五平餅は NH〇の朝ドラで 岐阜の辺りが有名なのかな?と思っていたら こちらも愛知県産


20181029 7
ガマゴリうどんには 白いものが…うどん粉付きかと思ったら ふう子の手


20181029 12
艶々の柿や 素敵な箱もありがとうございました
ちろろ あくびをしていたので変顔


20181029 10
そして この可愛いつぼみのようなものは なっつばーさんのご自宅で収穫したローゼルで このまま飾ってもよし ジャムにしたり 塩漬けでも美味しいし クエン酸効果で疲労回復にもよさそうで


20181029 13
こんなにたくさんいただいたので 


20181029 11
まずは 種取り
可食部の外し方は なっつばーさんのブログでも紹介してくださっていたのですが 箸の太い方で押し出したら これが面白いように外せて ストレス発散になるくらい
手前が実なんですが この中に種があります 後ろが可食部
普通実の方が食べるものみたいですが 食べ方は調べても出てこなくて こんなに可愛いのに 何かに使えないかなぁなんて考えているのですが…
えぇ ご想像通り ふう子が種を転がして 遊んでいましたけどね 
とりあえず 可食部は ローゼルティ用に少し残して 後は塩漬けにしました
ご飯が進む 花梅ができるのが楽しみです

なっつばーさん たっくさんの 愛知の郷土愛便 ありがとうございました
これでしばらく きらちろママは 愛知県人として生きていけそうです






スポンサーサイト

友あり近場より来る

20170713 1
昨年の11月に いつも遊んでもらっているミカ姉さんの二人展で この絵を買っていたんですが ちょっとしたトラブルがあったことと ミカ姉さんもきらちろママも忙しくて 手元に届いていなかったんです


20170713 9
この絵を持って行くよ~と ミカ姉さんから連絡をもらって たまらさんとも合流して お茶をして 軽く飲みにいきますか
ということになったのですが


20170713 10
新潟のお酒があるし 京都の美味しいお漬物をいただいているから 家呑みする
チーズの味噌漬けと酒粕漬けも作ってあるし…


20170713 3
いつも仲良くしてもらっている友達なので好みもわかっていて 栃尾の油揚げに ネギ味噌を挟んで焼いても ミカ姉さんは焦げたのは苦手だから 焦がさないように でもパリパリに焼きたいし…しかも齧った後で写真撮ってるし


20170713 8
わらびは わさび醤油じゃなくて マヨネーズ醤油が美味しいんだよという たまらさんのリクエストにお応えし


20170713 2
二人が買ってくれたスパークリングワインも呑みほして 5時間以上楽しい時間を過ごしました


20170713 7
その間 ニャンズは気配を消したようになっていたのですが みー婆ちゃんだけは タワーを上がったり降りたりしていて


20170713 4
とうとうたまらさんに捕まって こんな顔


20170713 5
家族以外の人に抱っこされたことなんてあまりなかったけど そんなに嫌がらずに接待してくれたかな~


20170713 6
でも いきなりテーブルに上って そこはお皿の上なんだよ~

usainuさん お漬物はみんなで美味しくいただきました
ご馳走さまでした
また 贈ってね…というのは 二人のリクエストです





みー婆ちゃんの過去

20170504 1
みー婆ちゃんは きらちろ家が以前住んでいたマンション近くの都営アパートに住んでいた人が引っ越すときに捨てられたという話しを 同じ都営アパートに住んでいる人から聞いていました

何歳くらいのときだったか定かではありませんが 避妊手術もされないまま捨てられて 何度も出産を繰り返していたそうです


20170504 2
今はおそらく17歳くらいのみー婆ちゃんは 前から甘えん坊だったのですが 最近ウチのダンナが在宅しているときは ベッタリしているんですよ


20170504 3
しかも ほとんどダンナの足限定


20170504 4
きらちろママとしては お見苦しい足なんて載せたくないのですが みー婆ちゃんの様子を知っていただくためには しかたありません
これでも 高校時代までは長距離ランナーの足


20170504 5
少しでもくっ付いていると安心するみたいなんですよ


20170504 6
足でナデナデされても ご機嫌なみー婆ちゃん


20170504 7
ダンナは足が攣りそうだとか言いながらも すり寄ってこられると まんざらでもなさそうで…

この光景を見ていて みー婆ちゃんを捨てた人は 60代以上の男性だと思いました
捨てられる前に可愛がってもらっていたときのことを思い出しているのかと思うと 切なくなりましたが 同時に可愛がってもらっていたのならよかった
外の暮らしが長かったけど 保護してから 今年の夏で10年
これからは もっともっと可愛がってあげるから 元気で長生きしてほしいな



おまけ1
20170504 8
野菜に反応するきららにアスパラはどうかな


20170504 9
きららはスルーしちゃったけど 意外にもちろろがパクッ



おまけ2
20170504 10
サンプルフードをもらったので 食べるかな
いつものお食事処とは違う場所で食べるフードは 美味しらしい
でも 調子にのって本品を買うと 食べなかったりするんですよね



改造ビフォーアフター

20161003 1
毎年恒例の 猫部屋の大掃除
昨年の様子は コチラ
今年は 子猫の巣立ちを待ってやるつもりでいたのですが 巣立ちそうにもないのが1匹いるので 寒くなる前に決行しました


20161003 2
ジョイントマットを上げると 中央だけが畳仕様になっている部屋で 畳を爪とぎにされると厄介なので マットを敷いているんですが


20161003 3
みー婆ちゃん「やっぱり畳は いいわね~ 日本猫ですもん」


20161003 4
畳の部分もフローリングもよく拭いて 今年はジョイントマットを新調しました
前のマットは 5年近く前に引っ越してきたときに敷いて 猫の爪痕が付いてボロボロになってしまったところもあるし 巣立たない子猫が バリバリしていたし…


20161003 7
元々は老猫部屋なので ラックのペットベッドも冬物にし テーブルの上に薄物ですが布団も掛けました


20161003 6
早速簡易コタツの感触を確かめる おねえちゃんと キジオ


20161003 10
みー婆ちゃん「爪とぎは 今度この場所なのね」


20161003 11
小さいタワーだったのを 老猫だけなので 下のボックスだけを 踏み台として 置いておいたのですが キジオのために 爪とぎをつけました


20161003 8
クローゼットの中も 猫用の毛布などを入れているケースはあるけど この上も猫ズがいられるようにしてあります


20161003 9
とらっちのチェックも済んで OKがでたようなので 狭い部屋だけど また快適に暮らしてくれたらいいな~
もう少し寒くなったら オイルヒーターとホカペをだすけど 扇風機を片付けてしまったのに また今週は暑いとか…どうしよう



20161003 13
夏物のぺットベッドも洗いたいけど 台風が近づいているんですよね


20161003 12
掃除の間は みんにゃ上手に避難していてくれて 邪魔をしなかったけど ナナオはどこに行ったんだ…と思ったら 人間用ベッドの下に数時間も 籠ったまま


20161003 14
掛布団から飛び出すキジオを待ちかまえるとらっち
静かに落ち着いて暮らしてもらいたい老猫部屋で またバトルが…





目ヂカラ

20160916 1
8月の終わりに 近所の戸建てのお庭に どこからともなくフラッとやってきた外猫


20160916 2
見るからに具合が悪そうで 戸建てに住む老夫婦(ご主人は脳梗塞の後遺症で 半身不随)のお婆さんから相談されていたのですが やっとたどり着いたところで すぐ病院に連れて行かれて怖い想いをさせるのも可哀そうだったので ご飯をやりながら様子をみることにしました


20160916 3
お婆さんは この猫を見た瞬間 ネズミが死んでいるのかと思ったそうです
ご飯を食べられるようだったら 体力をつけてから 去勢手術も兼ねて 病院に連れていくるもりだったのですが 先週の水曜日にご飯を食べなくなって 下痢もしていると連絡があったので その日のうちに 病院に連れて行きました


20160916 4
8日間入院して 去勢手術も済ませて まだキャリーバッグの中ですが 毛艶もよく 目ヂカラも強く パッチリになりました
こんなに痩せていた原因は はっきりしないのですが シラミがたくさんいて 獣医さんの話しによれば シラミなどに血を吸われて貧血状態になることもあるそうです
里親さんを探したかったけど FIV陽性反応だったので むずかしいかな…と思ってリリースしましたが お婆さんに「ゲンタ」と呼ばれて 快く迎えてもらえました
高齢の上に お婆さんが喘息で 家猫にしてあげられないけど 玄関は開放してもらっているし 玄関前には猫小屋もあるので 幸せな猫たちですよね


20160916 5
こちらのお宅のお庭には 以前紹介したことのある 「スズ」という猫も棲みついていて スズは フラッと現れたゲンタにも ご飯を分けてあげるほど優しくしているので もうここが安住の地だと思ってくれるでしょう
スズのことは コチラの記事のおまけに・・・



20160916 6
さて きらちろ家にも 目ヂカラの強い おねえさまがいらして ジッと睨んでいる先は・・・


20160916 11
キジオが遊ぶプレイサーキット


20160916 7
距離は こんな感じで さすがにキジオから おもちゃを取り上げようと思っているわけではないけど 14歳くらいでも 他の猫が遊んでいたら気になるんですね


20160916 10
キジオは 知ってか知らずか おねえちゃんの視線なんて 関係なく


20160916 8
遊び疲れてウトウトしていても サーキットから離れようとしないで


20160916 9
そのまま 寝ちゃったもんね…






  次のページ >>