FC2ブログ

忙しくても・・・

20190306 9
菜種梅雨には早いと思うのですが 東京は連日雨で 火曜日はお天気がよく暖かかったものの また水曜日の夜から雨とか…
雨が降ると 外猫たちは濡れない場所に誘導するのですが このコは ここでご飯を食べたい気分だったらしい
寒いときも暑いときも ずっと外で頑張っているコたちなので ご飯の間くらい きらちろママが濡れても 傘を貸してあげますよ


20190306 2
さて 繁忙期でクライアントさんのご自宅に伺う機会も多いのですが こちらのお宅には きらちろママが外で捕まえて 手術をしたニャンコがいます
このコもそうで これから打ち合わせをするんですけどね~と言っても テーブルの上に乗って


20190306 3
寛ぐくらい人懐っこい子


20190306 5
打ち合わせ後 いっぱい腰トントンして また来るね~と言ったら こんな顔…「来てもいいよ」と言ってくれていますよね


20190306 4
このコも生後3か月くらいの時に 別のメス猫のTNRを頼まれて仕掛けた捕獲機に入って 動物病院で簡単な診察を受けて そのままこちらのお宅のコに
名前は「ちび」だけど もう「ちび」じゃない


20190306 6
帰りに「甘いもので 疲れをとってください」と たくさんお土産をいただいて 最中も


20190306 8
こんな大きな栗甘納豆も とっても美味しかったけど


20190306 7
猫寺で知られる 那須の長楽寺からお守りを取り寄せてくださっていて 嬉しかった~
交通安全と祈願成就のお守りですよ
知っているニャンコたちに会えて お土産いただいて 忙しくても楽しいひとときでした




20190306 1
いただきものついでに クライアントさんからの差し入れで ケーキを買ってきましたと言われて ショートケーキかと思ったら ホールケーキで 箱から出すときに 引っ掛けてしまいましたが 美味しかった~


20190306 10
そして 京都銘菓も送っていただいたり 写真は撮っていないけどまだまだお菓子があって このところお菓子三昧でございます
繁忙期なのに 太るってどういうことよ


【おまけ】
20190306 11
ウチの猫たちの写真がないので こんな写真でも載せておきましょう…美味しいお菓子の写真の後なのに…
来週14歳になる兄妹の貴重なツーショットだから 大目にみてね









スポンサーサイト

すずちゃんの仕事

20190124 10
きらちろママが 現在のように毎日外猫の見回りをやっていなかった2016年3月 耳カットしていない三毛猫をTNRのために捕獲を頼まれて 捕獲器を仕掛けたら 入ったのがこの猫
背中の模様が特徴的なので 「ダイヤ」と呼んでいました
ダイヤも耳カットしていなかったので N区の助成金で手術するために きらちろ家のかかりつけでない病院に連れて行きました
手術後は 捕獲したところで放したのですが ときどきしか見ないようになってどうしたのかな?と思っていたら


20190124 11
300mくらい離れた場所で 近所の人や 通りすがりの人に すずちゃんと呼ばれてアイドルになっていました
手術の時に 獣医さんの話しでは おそらく10歳は越えているだろうと…


20190124 5
それ以来 すずちゃんは こちらの老夫婦のお宅の前に置かせてもらったハウスに住み着いて まったく遠出もしなくて おばあさんにご飯をもらって暮らしています


20190124 3
昨年7月に 旦那様が亡くなって ひとり暮らしになったおばあさんですが すずちゃん目当てに 子供たちが遊びにきたり


20190124 2
すずちゃんに おやつをあげてもいいですか?なんて 聞いてくる方もいて もちろん きらちろママもすずちゃんとおばあさんの様子を見に 毎日のように顔を出していて すずちゃんは 地域猫というだけでなく 地域のコミュニティの中核になっているんですよ


20190124 4
おばあさんは もう高齢だから お家で飼えないけど…と おっしゃりながらも 雨の日や寒いときや暑いときは 家の中に入れてくれているし もう1匹 キョンちゃんという猫がいるのですが 猫たちがいるから 元気で頑張らないとね…と リューマチのリハビリに励んでいます


20190124 8
そのすずちゃんが ぱったりご飯を食べなくなったのが 1年前
その前に 猫エイズが陽性だということもわかっていたので もしや発症か…と 病院に連れて行ったのですが 発症かどうかははっきりしないけど 歯がきれにに抜けきらなかったところに 歯茎が盛り上がっているのと 難治性の口内炎
でも 免疫不全症候群だから 口内炎ができるし できると治りにくいし…
手術に耐えられる年齢ではなさそうなので ステロイド注射と投薬をしています


20190124 9
それ以来 おばあさんから すずちゃんがご飯を食べないと連絡が入るたびに 通院していて 月に 3回くらいのペースなので すずちゃんも 外猫なのに 通院慣れしています
おばあさんとも すずちゃん そろそろ病院だよね~なんて 話しになることも しばしば

でも すずちゃんには 地域のみんなのために頑張ってもらわなければなりませんからね 


【おまけ】
20190124 7
先日 動物病院に行ったときに 獣医さんが結石の手術をしていたそうで ワンコの結石だけど こんなに大きかったと見せてくれました
こんな石が 腎臓や膀胱にあったら 痛いでしょうね




 

ゲンタ君の一周忌に

この記事は ゲンタ君という外猫との出会いから別れまでを書き留めておきたかっただけですので コメント欄開けておきますが お気遣いなく…


20180924 8
2016年8月の終わりころ 近所のAさん宅付近に現れた 1匹の猫
横たわっていたこの猫を見て A奥様はネズミが死んでいると思ったそうです


20180924 9
どこにいたのか どうしてここまでやってきたのかわかりませんが 見るからに具合が悪そうでした


20180924 10
やっと辿りついたところで いきなり病院に連れて行って怖がらせても可哀そうなので ご飯を食べさせて少し様子をみることにしました

でも 一週間くらいしたときに 下痢をしているとA奥様から連絡があったので 脱水が心配で 病院に連れていくことにしました


20180924 11
獣医の話しでは 推定5~6歳 
シラミがたくさんいて 血を吸われて貧血状態だったのではないかということで 治療と去勢手術をしてもらって 10日ほど入院して 目もパッチリになって帰ってきました
A奥様が 涙を流さんばかりに 「ゲンタ君 お帰り」と言って迎えてくださったので 猫エイズが陽性だったこともあり 里親探しはせず こちらでお世話になることにしました


20180924 1
Aご主人様は80代半ばの方で脳梗塞で寝たり起きたり A奥様は70代半ばでリューマチや喘息があって 家猫にはしてあげられないけど 玄関前には猫ハウスを置かせていただいて 寒いときには湯たんぽをいれてもらったり 日中は家の中に入れてもらったりしている猫が2匹います
向かって左の猫 キョンちゃん


20180924 14
手前の猫 すずちゃん
先住猫2匹にも 快く仲間にしてもらって ゲンタ君は幸せでした 


20180924 13
もちろんゲンタ君も 家の中に入れてもらったり Aさんご夫妻のお人柄もあって 通りすがりの人も足を止めて 猫たちに声をかけるくらい可愛がってもらいました


20180924 2
ゲンタ君がふらりとやってきて 4か月
少しふっくらしてきて 毛並みもよくなって 先住2にゃんとも仲良くして 一番幸せなときだったでしょうか
でも すずちゃんは 知らない人に撫でられてもOKなくらい 人懐っこい猫ですが ゲンタ君は まだ警戒心を解いてはくれませんでした


20180924 6
そして ゲンタ君との出会いから1年余り
Aさん宅から200mくらい離れた場所で きらちろママが外猫の見回りをしていると 知らない猫がいて よく見るとゲンタ君じゃないですか
Aさん宅から 50mくらいの距離しか移動しないと聞いていたし この日の日中もAさんの家で 元気にしていると聞いていたのに 見るからに具合が悪そうで ご飯を出しても食べないし どうしようと思いながら いったん帰宅したのですが


20180924 7
気になってしかたがなかったので 深夜2時頃 見に行ったら 同じ場所にいました
捕まえるつもりでキャリーバッグを持っていったのですが 一歩間違えたら 3mくらい下のコンクリートに叩きつけられそうで 馴れないゲンタ君をどうやって捕獲しようか 
運を天に任せて 首根っこをつかんで キャリーバッグに放り込みました


20180924 3
朝一番に病院へ連れて行って 獣医に「死に場所を探していたのでしょうか?」と聞くと 「そうかもね…」という返事があったくらい 悪い状態でした
これは 入院から一週間 ゲンタ君の容態があまりよくないと 獣医から電話があって すずちゃんを連れてお見舞いにいったときの写真です


20180924 4
そして翌日 2017年9月23日朝 ゲンタ君の痙攣の間隔が短くなってきたと電話をもらって A奥様とタクシーに乗り込みました
A奥様が ゲンタ君に手を添えると パッチリ目を開けて 一人と一匹 アイコンタクトをとっているようでした
1時間近くも撫でたり話しかけたりして A奥様が ご主人の介護があるので帰りましょうとおっしゃるので 帰ってきたのですが その1時間後くらいに 眠るように息を引き取ったそうです


20180924 12
たった1年の付き合いだったけど ゲンタ君を見てきていろいろ考えさせられました
病気や老齢でもなければ いくら外猫でも あんな痩せた猫は 今どき見かけることもありません
でも ふっくらして毛艶もよく わがまま言っている家猫も ゲンタ君のような猫も 同じ命に変わりありません
全員外猫出身の きらちろ家の猫も ゲンタ君のような運命だったかもしれません

そう思うと 全ての猫を保護することなんて不可能なので せめてお腹いっぱい食べさせてあげたいと 外猫の見回りが欠かせなくなったのも ゲンタ君と出会ったからでしょう 


そして もう1匹 今年の8月23日に 同じ病院で見送った猫がいます
そのコは きらちろママが見回りをしているところの猫ではないのですが 耳が欠けて顔もグジャグジャになっている猫がいると相談を持ち掛けられたので 捕獲して病院に運びました
10歳くらいの女の子で 何度も出産を繰り返していたそうです
病名は失念してしまいましたが 亡くなる2時間ほど前に会ったら やっぱり顔を持ちあげてくれたんですよ
顔が半分溶けてなくなっていたので バランスもとれないのに お別れの挨拶をしてくれました
写真は 載せられなかったです





本当にあった怖い話し

【その1】
20180726 4
ときどきお話しさせていただいているのですが 餌やりボラがいるにもかかわらず 行ったり行かなかったりしているようなので 毎日の見回りは欠かさず 日中にも見知った猫のケンカの仲裁に入ったりすることがあるのですが 今回はそんな話しではなく


20180726 3
森の奥にいる2匹は 餌やりボラにも見捨てられて きらちろママが行くのを待っているのですが 雨が降ると 濡れずに食べられる場所がなく 本当に困っていました
この2匹はオス同士で けっして仲がいいわけではないのですが ご飯のためなら 相合傘もやむを得ないって感じです


20180726 2
ところが 昨年春頃から 猫たちが自分で お食事処を建物の近くに替えてくれて 1年以上こうして雨の日もここで待っていてくれます
2階以上がベランダになっているので 吹き付けるような雨の日は多少濡れるのですが 森の奥よりは快適
しかも風通しがいいので 今年のような異常な暑さの日でも 涼しいくらいで…

でも この近くは かなり有名な心霊スポットで


20180726 1
呼べば返事をするし 白猫に追いかけられると きらちろママの後ろに逃げるし ナデナデはもちろん抱っこもできるコが 呼んでも一点をジーっと見ている…なにかいるのかと この猫の視線の先を見ても なにも見えません
猫には なにか感じるものがあるのでしょうか


20180726 5
この白猫も 13日の記事で書いたすずちゃんという猫といっしょに捨てられたコで 4~5匹の猫を捨てて引っ越したそうです

目に見えないものの怖さより こんな可愛い子たちを捨てたり 虐待したり ボランティアですなんて名乗りながら きちんと餌やりもしないで 猫たちの信頼を平気で裏切る人たちのほうが よほど怖いですけどね


【その2】
20180726 6
森の中にいる猫たちの見回りをしているので 土がぬかるんでいたりすると 靴底が泥だらけになるので 玄関マットで落としてはいるのですが あまり使わないので いつも玄関正面ではなく 横の方にマットを置いています


20180726 7
先日 仕事から帰宅すると このように玄関正面にマットがあって 門扉があるので通りすがりのマンション居住者が動かしたとも思えないし 管理人さんは門扉の中までは掃除しないことになっているし 外部の人はエントランスからインターホンでドアロックを解除して入ってくるシステムになっているし 玄関マットを動かしたのは誰だろう…
空き巣?ピッキングされた?
猫を飼う前に 窓ガラスを割られて空き巣に入られてことがあったので 頭の中グルグルで 急いで部屋に入って 窓が開いていないことと 猫の数を確認し 全員揃っていて
もし ピッキングの空き巣なら 玄関マットの位置を替えていくなんて マヌケですよね



【その3】
20180726 8
うちの猫の写真がないので とらっちのあくびからの~


20180726 9
フフフなお手々も可愛いでしょ


20180726 10
これのなにが恐ろしいかって…とらっちにしか目がいかないだろうとタカをくくって 紙砂や爪とぎカスが散らばっているのを平気で載せる きらちろママの根性が怖いって 自分で反省してまーす


* コメントのご返事を書きますと宣言しておきながら 長らく放置してしまい申し訳ありませんでした
  書く書く詐欺にならないように おまとめのご返事ですが書きましたので お暇でしたらコメ欄を覗いてみてください




 

初物語

20170928 3
ふう子がやって来て まもなく3週間になろうとしています
こんな白いかたまりが落ちていていることにも きらちろママは慣れました


20170928 2
しかし そこはまだ子供なので じっとしていることはなく


20170928 1
大相撲でもないのに 飛び散った座布団を片付けようと 持ち上げただけで ヒモに飛びつくんですよ


20170928 4
そして ボールを投げれば


20170928 5
咥えるし


20170928 6
持って来いができる猫は きらちろ家には いなかったと思います


20170928 8
独りで転がしては


20170928 7
持ってくる

でも たまに 自分で捕ってこなくて きらちろママに 持って来いをさせることもあるんですけどね


20170928 9
きらちろ家は お膝が大好きな猫がけっこういるんですが ふう子も 自分から膝に乗ってきて ブラッシングもさせてくれるのですが


20170928 10
これもまた じっとしていてくれません


20170928 11
自分の毛の付いたブラシを噛み噛み


20170928 12
わっるーな顔して ガシガシ…

長毛といっても そんなに長い毛ではないのですが きらちろ家は短毛猫しかいなかったので ブラシも短毛用しかありません
長毛猫さんをお飼いの方で こんなブラシがいいよとか こんなシャンプーを使っているよとか教えていただけませんか


さらに 写真はないのですが 昨日の朝 きらちろママが寝ぼけ眼で台所にたったら シンクの中に白いものが…
シンクの中に入るコなんていなかったのに…
いきなり水道栓を開けなくてよかったですが 立ち入り禁止にするには どうしたらいいでしょうか



カウンター

プロフィール

きらちろママ

Author:きらちろママ
東京在住

きらら

kirarayokogao.jpg

ちろろ

tiroyokogao.jpg

とらっち

torasyoukai.jpg

最新記事

最新コメント

カレンダー

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

プロフィール

きらちろママ

Author:きらちろママ
東京在住

ブロとも申請フォーム